2.7 手紙

 拝啓 

 

 残暑も厳しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 私はモデル活動だけでなく、タレント業なども増えてきて、仕事の幅が広がったおかげで、近頃、忙しくなってきたことを実感しております。

 さて、以前、修理をお願いしておりましたドールですが、無事、私の手元に届きましたので、依頼人にお返し致しました。

 依頼人は、ほとんど諦めていたこともあり、たいへん喜んでおりました。修復の出来も不満など漏れることなく、まるで新品のようだと感激しており、ぜひ、直接お礼を述べたいとのことでしたが、丁重にお断りしておきました。

 決して、ドール職人の無愛想な対応で彼らの幻滅させることを恐れたわけではなく、単純にお忙しいところを煩わせてはならないとの思いからであります。

 私も修復されたドールを拝見させていただきましたが、その出来上がりは上々であり、文句のつけようがない仕上がりとなっていたと感服致しました。

 まさに、世界屈指という言葉に嘘偽りなしと思われ、以前の非礼の数々を深く陳謝致します。

 そのような世界屈指の職人殿に、ご相談があるのですが、修復のお支払いをもうしばらく待っていただないでしょうか。依頼人には、知り合いだから無料でやってもらえると伝えてあり、今さらお代を請求することもできず、だからといって、急にお金を用意することもできず、非常に困っております。

 決して踏み倒そうなどとは思っておらず、まとまったお金ができるまで、支払いを先延ばしにしていただきたいというお願いであります。

 世界屈指の職人殿の、空よりも広い心に甘えさせていただきたく、どうか海よりも深い温情をかけていただきたく存じます。

 

敬具


                              20XX年8月3日

                          柊芸能事務所 轟美心


瑠璃色工房

首塚瑠璃丸 様

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます