2.6 職人芸

 作業場は、薄いネオンライトに照らされており、いささか暗い。

 しかし、そのくらいの方が瑠璃丸は落ち着く。もちろん作業台の上は、もっと明るいライトで照らされているが、部屋全体は暗い方がいい。

 こうしておくと、他所の情報が瑠璃丸の中に入ってこない。光量が少ないが故に、無駄な散乱光は途中で消失し、瑠璃丸の目に届くのは、ドール本来の色だけだ。

 何もない空間に、瑠璃丸とドールだけが残ったとき、最高のドールが造り出せる。ただの経験則だが、瑠璃丸は確信していた。

 まぁ、今回は修復だから、さほど気にする必要もないが、

「おまえら、作業場に入ってくるなよ」

 だからといって、さすがに見られているのは鬱陶しい。

「いいじゃないの。減るもんじゃなしに。どうやって直すのかって、ちょっと興味あるしさ」

 堂々と居座る美心に、瑠璃丸に睨みつける。

「俺の集中力が減るんだ」

「ふん、私達がいるくらいで、減っちゃう集中力なんて随分な集中力じゃない。すごーい」

「……こんの性悪め」

 言いくるめたと得意気になっている美心であったが、さすがに直登が注意をした。

「すいません、美心さん。瑠璃丸さんも、あぁ、言っていますし。作業場に入られるのは、ちょっと」

「直登くんが言うなら、仕方ないか。はぁ、世界屈指のドール職人か、何か知らないけれど、案外、豆腐メンタルなのね」

 この女、自分のドールが優先されているというのに、感謝するどころか、嫌味を言ってくるとは、いったいどんな精神構造してやがる。

 もう、このまま放り出してやろうかと、瑠璃丸は本気で思案したが、すんでのところで思いとどまった。

「構わん。そこで見ていろ」

「え? いいの? わーい」

「だが、作業場のものには触るなよ。特にそこのボディには絶対に触るな」

 造りかけで乾燥中のドールの足や腕、胴体に触られたら堪らないと、瑠璃丸は念押しをしたが、実際、美心はそれらをひどく怖がっており、言うまでもなさそうであった。

「さほど、おもしろいものでもないと思うが」

 そう前置きして、瑠璃丸はドールを取り出した。

 まずはドールから服を脱がす。基本的にドールは頭部が大きいため、人のように服を脱ぐことができず、ときおり切らねばならないときもあるが、今回に限っては、背中の留め金を外せば容易に脱がすことができた。

 それから、アクセサリ、ネグリジェ、ソックスに、シューズと小物を取り外していき、ドールの裸体を露わにさせる。

「何だか、エロいわね。大の男がやっているのを見ると犯罪臭がするわ」

「だとしたら、目を閉じていた方がいい。ここからはさらにひどい光景になるからな」

 そう言って、瑠璃丸はドールの首を取り外した。

「きゃっ! 何してんのよ!」

 美心が悲鳴をあげるが、瑠璃丸は気にしない。

「修復過程で胴体がじゃまなんだ。心配しなくても、どうせ後で組み直す」

「な、なら、いいけど」

 瑠璃丸は頭を作業台の上におき、それから、塑像用の粘土を取り出した。ビスク・ドールだろうと、クレイ・ドールだろうと、修復の場合は土で埋めて固め、削って造形する。

 材質が違うので、どうしても見た目に差異が生じてしまうが、そこは削り具合や塗料でごまかす。

 瑠璃丸は首の根元から指を頭部に突っ込み、内側から割れた破片を支えて、外側からその周囲を土で埋めた。

 破片が足りない部分もあるため、そこも土で埋めるのだが、あまり範囲が広いと、後々の強度が下がってしまう。そこを心配していたが、埋めてみるとさほど大きな傷ではないので、大丈夫かと思い直した。

 髪は一度すべて剥がして張り直したいが、そうすると以前と雰囲気が変わってしまいかねない。

 やはり似た繊維を探してきて、貼り加えるしかなさそうだ。

 どうせ削るので、少し多めに土を埋めておく。だからといって、埋めすぎると、後に削るのがたいへんなのだが。

 最後に、頭の中に一枚シートを敷いてから、発泡スチロール剤を流し込む。これはすぐに固まって土台となってくれる。粘土は重いので乾燥までに自重で形状が歪む恐れがあるため、瑠璃丸はこの方法を採用していた。

 中の液体が固まるのを確認してから、串に付けて、藁巻きに挿した。

「よし」

 瑠璃丸が肩をもむと、美心が不服そうな声をあげた。

「え? もう終わり?」

「そうだが?」

「つまんなーい」

 美心は平然と文句を垂れた。

「なんだか、もっと派手な技が見たかったのに」

「修復の作業に派手な技などない。土が乾いたら、削って、擦って、塗って、あとは微調整の繰り返しだ」

「……地味」

「むしろ派手な修復作業とはどんなものなのか教えてほしいんだが」

 そもそも、ドールの造形過程に派手な作業などない。ほとんどが、瑠璃丸の掌の上で進んでいき、最後の最後に至るまで、その美しさは内包されたままだ。

「うーん、これでは瑠璃丸が本当に世界屈指のドール職人だと信じることができませんな」

「おまえ、疑っていたのか?」

「そりゃ、こんな性格のわるい人が、あんなきれいなドールを造っているなんてにわかに信じられないもの。だから、造っているところを見て確認したかったんだけれど」

 はぁ、と美心は肩を竦め、その横で直登が思わずといったふうに笑った。

「確かに」

「おい」

「まぁ、美心さんの言うことはわかりますけれど、それは修復の出来上がりを見て判断してくださいよ」

「そうね。期待しているわ」

 親指を立てる美心に、瑠璃丸は、もはや腹を立てる気も起きず、ただ、やめときゃよかったな、と後悔した。


「それで、ですね、美心さん。お代なんですけれど」

「え?」


 美心は心底驚いた顔を見せた。

「お金かかるの?」

「「もちろん(だ)ですよ」」

 にこっと笑う直登と、怯える美心を眺めながら、この静かな作業場に流れ込んできた異物を感じた。

 それが疎ましいのか、それとも、愛らしいのか、瑠璃丸には判別つかず、ただ、漠然と眺めていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます