2.5 好奇心

「俺がやるよ」


 瑠璃丸は、しれっと言った。

 気分、というのが、いちばんの理由であった。

 たいていの仕事を瑠璃丸は、気分で選ぶ。そのせいで、直登にはいつも怒られるのだが、結局ノらない仕事は手につかず、かえって時間がかかることが多い。

 美心から指名されたから、という安易な理由ではないが、ドールを他人に預ける不安は、瑠璃丸には理解できた。

 未熟なドール職人に修復を任せて、まったく違う姿かたちになって帰ってきたらと思うと、ぞっとする。

 したらば、その腕を信頼できる者に任せたい。

「いや、でも、美心さんの都合もありますから」

「大丈夫だ、今日から始める」

「……ちょっと待ってください」

 瑠璃丸が、さらにしれっとしていると、直登が眉間に皺を寄せた。

「今の仕事はどうするんですか?」

「並行してやればいいだろ。どうせ修復は、少しずつ進めていくもんだ」

「それはそうですが、今抱えている修復の案件をとばすのは、ちょっと」

「待たせておけ。どうせ顔も知らん客だ」

「僕は、知っているんですけどねぇ」

 頭を抱える直登に対して、瑠璃丸は続けた。

「足を運んでくれた客を優遇するのは当然だ。ドールを郵送してきたり、引取に来させたりする客に気を配る必要はない」

「おー、瑠璃丸、いいこと言うじゃん」

 褒められたと思ってか、美心は気分よさそうに笑みを見せている。だが、直登の方は、いっそう呆れた顔を見せた。

「で、本当の理由は、何ですか? シャルルの初期のドールを触りたいからですか?」

「……」

「たしかに数は少ないですものね。最盛期と晩年のドールはよく見ますけど、これだけ状態のいいドールは滅多にお目にかかれませんし、早くいろいろ観察してみたいですよね」

「……まぁ、そういう見方もある」

 瑠璃丸が言い淀んでいると、直登は盛大に溜息をついた。

「だったら、変な言い訳しないで、最初からそう言ってくださいよ。もっともらしいこと言われるよりも、そっちの方が納得できます」

「え!? さっきの嘘だったの!?」

 美心が喚いているのを無視して、直登はスマホとにらめっこを始めた。

「わかりましたよ。とりあえず、それでスケジュールを組み直します。急ぎの仕事でないことは確認してますから、たぶん大丈夫です、けど、なる早ですからね」

「ふん、誰に言っているんだ」

 合意が得られたことを確認してから、瑠璃丸は立ち上がった。

「どこ行くの?」

「愚問だな」

 そう言って瑠璃丸は、ドールを紙袋の中に戻して、持ち上げた。

「仕事だ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます