#7 不思議な人だそうですよ先輩は

 次の日、イサミちゃんが学校に出てきた。

「もういいの?」

「うん。ちょっと熱っぽいけど、大丈夫」

 朝、ホームルームが始まる前で、まだリンコちゃんは来てなかった。

「今ね、私とリンコちゃん、スグロ先輩の手伝いをしてるの」

「知ってる」

「ね、よかったらイサミちゃんも――」

「私は、やらない」

「やっぱり。そんなに嫌なの?」

「嫌っていうか……興味がない。ごめん」

「ううん」

 まあ、仕方ないか。本人が嫌だって――じゃなくて、興味がないっていってるのに無理やり誘うのも良くない。

 その日の放課後。私たちが三人揃って部室に行くと、珍しくスグロ先輩はいなくて、レイコ先輩がひとり本を読んでいた。

「あら、おそろいで」

「こんにちは。スグロ先輩は?」

「今日は用事があるとかで、さっき帰ったわよ」

「そうなんですか」

「レイコ先輩、コーヒー飲みます?」

「さっき飲んだからいいわ。ありがとうノリちゃん」

「じゃあ、三人分ね」

「あなたたち、すっかりここのコーヒーに慣れちゃったわね」

「最初はすごく苦くてまずかったんですけどね」

「私も。それまでブラックで飲んだことなんてなかったから。あ、でも、ノリちゃんは『シカゴ』では紅茶派だよね」

「うん」

「あら、そうなの。じゃあ今度紅茶セットを持ってくるわね」

「やった。ありがとうございます、レイコ先輩」

「この前、リンコちゃんと紅茶の専門店に買いに行ったの。おいしかったわね」

「あ。は、はい」

「もう、何照れてるの、この子は」

「てっ、照れてなんていません」

「あの、リンコちゃんって、ふたりだけのときも敬語なんですか」

「あのねぇ――」

「わーっ、先輩、やめてください」

「別に恥ずかしがることないじゃないの。ねぇ、イサミちゃん」

「はぁ」

「……いじわる」

「まあまあ。そういえば、またスグロくんの例のあれ、始まったんだって?」

「はい」

「ふうん。彼もよくやるわよね。でも、まあ、そのおかげでこんなに可愛い彼女ができたんだけど。うふふ」

「だから、もう、先輩、やめてくださいって」

「まあまあ。確か、あなたたち彼の手伝いをしてるって……」

「はい。スグロ先輩、今回で最後にするっていってました」

「そうなの。イサミちゃんも、スグロくんの手伝いを?」

「いえ。私は……」

「イサミは相変わらず嫌みたいです」

「だから、嫌っていうわけじゃ……」

「いってたじゃん。人の運命を勝手に変えるみたいで納得できないって」

「それはそうだけど……」

「でもさ、先輩とはよく電話で話してるんだよね」

「……たまに」

「ふうん。ところで、イサミちゃん。スグロくんのことどう思ってるの」

 レイコ先輩のいきなりの直球に、私とリンコちゃんは同時にイサミちゃんを見た。

「どうって……」

「スグロくんのことも嫌い?」

「嫌いじゃありません」

 イサミちゃんはきっぱりと答えた。そして、少し考えてからいった。

「スグロ先輩は……不思議な人だと思います」

「まあ……確かにね」

 そういってレイコ先輩は肩をすくめた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます