#6 先輩の出した宿題は

 文化会部室棟。

 それは、本校舎から少し離れた場所にある、三階建ての木造の古い建物だ。そこには文化会に属する部の部室が並んでいる。

 私はどこの部にも所属してないから、来たのは初めてだ。ニスのような、木造校舎独特の匂いがした。小学校にも木造校舎があって、同じ匂いがしていた。なんだか懐かしい気持ちになった。

 たぶん昔は教室として使われていたんだろう。今は、教室をいくつかに区切って、部室として使っているみたいだ。建物のなかはひっそりとしている。入ってすぐの掲示板に各部の部屋割りが貼ってあった。SF研究部は三階の一番奥の部屋だ。私たちはみしみしと音を立てる階段を上っていった。

 三階の一番奥の教室の手前の扉には『文芸部』『新聞部』と張り紙が貼ってあった。そこを通り過ぎて、私たちは奥の扉の前に立った。『SF研究部』という張り紙が貼ってある。リンコが扉に手を伸ばした。

「待って」

 ノリちゃんがリンコの手を押さえた。

「私が開ける」

 リンコはうなずいて、ノリちゃんに場所を譲った。ノリちゃんは深呼吸をすると、扉を開けた。

 教室を三分の一の広さにパーテーションで区切った部屋だった。会議室に置いてある三人がけの長机を六つ、ひとつに寄せ集めて大きな机にしている。向こうの端に男の生徒がひとり、こちらを向いて座っていた。

 やっぱり。

 あのとき、西校舎の掲示板の前にいた人だ。私を見て、涙を流した人。でも、私と目が合っても、彼は表情を変えず、視線を私たちの前に立っているノリちゃんに戻した。

「ようこそ、みなさん」

 彼は立ち上がって微笑んだ。

「狭いところで申し訳ない。どうぞ、座って」

 まず、ノリちゃんが彼から見て左手に座り、その隣にリンコが、彼女たちの向かい側、彼から見て右手に私がひとりで座った。

 私たちが席につくと、彼は窓際に置かれている棚の上のコーヒーメーカーからサーバーを取り出して紙コップにコーヒーを注ぎ、コップを私たちの前に置いた。部室ってこんなものまであるんだ。私は感心した。

 手に持った紙コップは微妙な温度だった。

「ぬるくてごめんね、保温機能がいかれてて。最近は暖かくなってきたからアイスコーヒーを出したいところなんだけど、さすがに冷蔵庫は持ち込めなくてさ。あと、砂糖とミルクはないんだ。悪いけど、ブラックでがまんして」

「あ、ありがとうございます」

 リンコがぼそりとつぶやくようにいった。

 私はコーヒーを一口飲んでみた。ブラックで飲むのは初めてだ。

 苦い。コーヒーってこんなに苦いものだったんだ。

 ふと、先輩と目が合った。なぜか私を見てにやにやしている。なんだろう。

 先輩は私から視線を逸らすと、もとの席に座って紙コップを両手で持ち、さて、という感じで口を開いた。

「自己紹介が遅くなって失礼した。僕は二年一組、スグロマサカズ。よろしく」

 先輩の名札には『勝呂将和』と書かれていた。あれでスグロって読むのか。

 私たちはうなずきとお辞儀の中間みたいな、あいまいな動きで頭を下げた。

「で、君が依頼人のヒヤマノリコさん」

 ノリちゃんがうなずく。

 スグロ先輩はノリちゃんの隣のリンコに視線を移した。

「君がオガワさん」

「はい」

「で、こちらがカグヤさん」

 やっぱり間違いない。あのときの人だ。あのときとはちょっと感じの違う先輩の微笑に、私はうなずいた。先輩は再びノリちゃんの方を向いた。

「さっそくだけど、ヒヤマさん」

「は、はい」

 先輩は人差し指を立てた。

「相手の名前。それだけを教えてくれればいい」

 私たち三人はお互いに視線を走らせた。

「他言はしないよ、もちろん。だいたい、そんなことをしたら仕事がやりにくくなっちゃう。だから安心して」

 私は思わず口を挟んだ。

「ちょっと待ってください。先輩は、その、本当に――」

「ん? ああ、そうか。ちょっと急ぎすぎたかな」

 コーヒーを静かに一口すすって、先輩はノリちゃんに体を向けた。

「僕が噂の『マスター』です。って自分でいうの、すごく抵抗があるんだけどね。まあ仕方ない。好きな相手を教えてもらえれば、その人と付き合えるように取り計らいます。百パーセント保証はできない代わりに、成功しても報酬はもらいません」

「あの……先輩はどうしてこんなことをしてるんですか」

 私が疑問に思ったことを、先にリンコがたずねた。

「うーん」と先輩は腕を組み「ま、趣味みたいなものかな」と答えた。

 今度は私が質問をする。

「これまで、どうだったんですか。何件くらい、その……」

「ふむ。実績を聞きたい、ということだね。君たち、高一にしてはなかなかしっかりしてる。行く末が楽しみだ。ちなみに、これまで受けた依頼は十七件」

「十七!」

 リンコが驚きの声を上げた。

「そのうち成功したのは――つまり交際が成立したのは、十五件。残念ながら、成功した人たちの名前を教えるわけにはいかないから、今ここで証明はできない。どうしてもというのなら、彼らの許可を取ってから名前を教えてもいい」

「十七件中、十五件――それが本当だとして、どうしてなんですか。どうしてそんなことができるんですか」

「それはねぇ、カグヤさん。企業秘密っていうやつだよ」

 どう答えていいかわからず、私たちが黙っていると、スグロ先輩は肩を落とした。

「高校生にはピンと来ないか」

 自分だって高校生のくせに。ヘンな人だ。

「まあいいや。とにかく、それはいえないんだ。申し訳ないけど。で、どうする、ヒヤマさん。やめる? もう少し考える?」

「私の好きな人は、同じクラスのコボリショウヘイくんです」

 思わず私とリンコは顔を見合わせた。ノリちゃんの決心は意外と固かったみたいだ。

「でも、コボリくんには好きな人がいます」

 スグロ先輩はじっとノリちゃんを見つめた。

「それは、誰」

「二年のサカイ先輩です」

「下の名前は」

「ユウコ。サカイユウコさん」

 ゆっくりと紙コップに口をつけると、スグロ先輩は目を閉じた。

 数秒後。

「わかった。引き受けよう」

 先輩は私たちを見た。

「たぶん大丈夫だと思う。ということで、契約成立。いいかな、ヒヤマさん」

 ノリちゃんが、こくんとうなずく。

「じゃあ、決まりだ」

 と、先輩がいい終わったとき、コンコン、と扉がノックされた。

「どうぞ」

 先輩が声をかけると、扉が開いて、ひょい、と女生徒の顔が現れた。

「先に帰るから、鍵閉めといて」

 彼女は私たちの存在を特に気にすることもなく、スグロ先輩に声をかけた。

 あれ。この人、確かさっき、図書室の受付にいた人だ。

「わかりました。お疲れ様です」

「じゃあ、お先に。ごゆっくり」

 図書室にいた女の人は、私たちに軽く手を振ると、扉を閉めた。

 あの図書委員の人はSF研究部にも所属しているのか。スグロ先輩が敬語を使っているということは三年生なのだろう。

 ふと先輩を見ると、彼はにやにやと笑いながらリンコのことを眺めている。その視線に気付いて、なぜかリンコが慌てている。顔が赤い。

「な、なんですか?」

「いや。別に」

「と、ところで、具体的にどうやってふたりをくっつけるつもりなんですか? それも企業秘密ですか? 少なくとも、ノリちゃんはそれを知る権利があると思いますけど」

「うーん。ヒヤマさん、ひとつ質問していいかな」

「はい」

「コボリくんのどういうところが好き?」

「それは……や、やさしいところ、とか」

「じゃあ、コボリくんが、自分のことを好きになってくれるところを想像することができる?」

 ノリちゃんはじっと考え込んだ。

「コボリくんと手をつないで歩いたり、ふたりきりで食事したり、いろんな話をしたり、そういうところを想像することができる?」

「それは……うまく想像できません」

「最初にいっておく」

 先輩はまた人差し指を立てた。

「自分がイメージできないものを実現することなんてできない。それはなにも恋愛に限ったことだけじゃない。ヒヤマさん、もしもコボリくんとデートするとしたら、君はどんな服を着て、どこに行きたい? そのとき、彼とどんな話をしたい? そういうことを考えてみて。想像してみて。これ、宿題ね。今日はこれくらいにしよう。三日後の放課後、またここに来て。具体的な方法はそのときに話します。じゃ、お疲れ様」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます