#7 一目惚れする瞬間は

「ねえ、どう思う?」

 私たちはSF研究部の部室を出たあと、帰り道で意見をいい合った。

「どうって……」

 まだなんともいえない。そういうと、リンコもうなずいた。

「そうだね。とりあえず、また話をきいてみるしかないか。ね、ノリちゃん」

「え。うん、そうよね」

 何かを考え込んでいるようで、ノリちゃんはどこか上の空だった。

 三日後、SF研究部の部室で、私たちは前と同様先輩とテーブルを挟んで座っていた。

「ヒヤマさん、宿題はやってきた?」

「はい」

「それで、想像できたかな」

「なんとなく、ですけど……」

「オッケー。ところで、ヒヤマさんはサカイユウコさんと知り合いなんだよね」

「はい。そうですけど」

「ユウコさんに紹介して欲しい人がいるんだ。お願いしてもいいかな」

「それは、どういう……」

「みんな、ちょっと今から付き合って」

 私たちは先輩のあとについて部室を出た。先輩は校舎の外に出て、グラウンドに向かった。放課後のグラウンドでは、体育会系の部活が行われている。スグロ先輩が手を挙げると、サッカー部の男子部員がこちらにやってきた。

 いかにもサッカー部といった感じの、爽やかそうな人だ。

「サッカー部副部長のタカナシくん」

 タカナシ先輩が手を挙げた。

「やあ、よろしく」

「こちらは、一年のヒヤマさんと、オガワさん、それにカグヤさん。で、ヒヤマさんがサカイユウコさんの知り合いなんだ」

 タカナシ先輩は、ノリちゃんの前に出て、頭を下げた。

「ありがとう!」

 突然のことに驚いて、ノリちゃんは一歩後ずさった。

「ずっとサカイさんに声かけたかったんだ。でも全然接点がなくて。本当にありがとう! 友達からでかまわないから」

「え、あの……」

「じゃあ、タカナシ、日時はまた追って知らせるよ」

 スグロ先輩はタカナシ先輩の肩をぽんぽんと叩いた。

「スグロ、恩に着るよ」

「まだどうなるかわからないよ。だから、礼はうまくいってからにしてくれ」

「うん。でも、とにかくありがとう。じゃあ、俺、部活に戻るわ」

 軽く手を振って、タカナシ先輩はサッカー部の練習に戻っていった。

「どういうことなんですか」

 私はスグロ先輩を見た。

「ヒヤマさんの紹介で、サカイユウコはタカナシと会って、知り合いになる。そして、サカイユウコは、たぶんタカナシと付き合うことになる」

「どうしてそんなことが……」

 スグロ先輩はいたずらっぽく笑うと、人差し指を立てて、口の前に持ってきた。

「企業秘密ですか……」

「まあね。でも、十中八九そうなる。僕にはわかるんだ」


 結局、スグロ先輩のいう通りになった。

 ノリちゃんは、ユウコ先輩にタカナシ先輩を紹介した。

 ――あ。この人今、一目惚れした。

 タカナシ先輩と初めて会ったユウコ先輩を見て、ノリちゃんはそう思ったそうだ。

 数日後、スグロ先輩を通じて、ふたりが付き合うことになったと、私たちは知らされた。

「なんでわかったんですか、ふたりが付き合うことになるって」

 リンコがコーヒーサーバーから紙コップにぬるいコーヒーを注ぎながら、先輩にたずねた。放課後、SF研究部の部室に集まるのが私たち三人の日課のようになっていた。最近では、リンコが勝手にコーヒーを入れている。

「だって、お互いに好みのタイプだからだよ。相性もばっちりだ。僕が太鼓判を押す」

「でも、スグロ先輩はユウコ先輩とは面識がないんですよね」

 先輩はにやにやと笑うだけで何もいわない。

「それに、これがいったいノリちゃんのこととどういう関係が……」

「そう。実は、ここからが難しいところなんだ。じゃあ、次の指示を与えるから、よく聞いて――」

 コボリくんに恋の相談をすること。

 それが、スグロ先輩がノリちゃんに与えた指示だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます