130

「俺、マスコミに公表したっていいんだ。世間にバレたって、事務所の社長に怒鳴られたって関係ない。優香……俺とちゃんと付き合って欲しい。先生と別れてくれないか?」


「……ぅっ」


 私はもうしゃくりあげて泣いてた。


「返事は?」


 矢吹君は握っていた手を離し、私の頭をクシャって撫でた。


 私は矢吹君に頭をクシャって撫でられると弱い。


 矢吹君も、そんなことわかってるくせに……。


 矢吹君は途中で寄り道し、公園のパーキングに車を停めた。スーツのポケットから、サファイアのリングを取り出した。


「……どうしてそれを矢吹君が?」


「ずっと話さなければいけないと思っていたんだ。これはある人物が優香のバッグから盗み、俺に渡したものだ」


「……ある人物?」


 矢吹君は私の右手の薬指にリングをはめた。矢吹君のリングとサファイアのリングが重なり、サファイアはエメラルドグリーンの光を放つ。車の中は眩い光に包まれ、がフラッシュバックのように目に浮かんだ。


 ――そうだ……。


 あの日、私は北川動物病院で……。


 ◇◇◇


 ヨークシャーテリアのケージの中で、テリーが倒れていた。


『……テリー?テリー?』


 首に指をあて脈を確かめる。

 テリーは呼吸をしていた。


 一体……何があったの……!?


 背後で殺気を感じた。

 鋭い視線がこちらに向けられている。


 恐怖から、後退りした。


 ナースサンダルにコツンと何かがあたる。足元に視線を落とす。


 そこには……

 藤崎先輩が倒れていた。


『藤崎先輩!藤崎先輩!』


 しゃがみ込み、藤崎先輩の体を揺する。


『静かにしろ!』


 後頭部にヒンヤリとしたものがあたる。

 それが銃口だと気付くのに、数秒間を要した。


 ――強盗!?


『俺が恐くないのか。俺は大阪で人間をナイフで刺した指名手配犯だ』


 人間をナイフで刺した……!?


 獣のマスク……

 迷彩服……


 よく見ると、シャムもアメリカンショートヘアも黒い軍服を着ている。


『あなたが……大阪で警察官をサバイバルナイフで刺した……』


『そうだ。よく知っているな』


 あれは……

 白昼夢なんかじゃなかった。


 彼らは人間ではなかった。


 私は彼らに浚われ、意識を失い……。

 その時の記憶を全て失った……。


 ◇◇◇


「……矢吹君。私……」


 サファイアの光がスーッと消える。


「優香、思い出したんだね」


「……あれは一体何だったの?矢吹君はあの日のことを全部知ってるの?」


 私は混乱している。

 獣のマスクではなく、あれは獣人だった。


 非現実的な出来事……。

 私は頭がおかしくなってしまったのかな。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます