【15】涙のプロポーズとまさかの真実? 摩訶不思議。

129

 タクシーがなかなかつかまらなくて、私は歩道でかなりの時間タクシーを待った。


 仕方ないな。フォーマルドレスだけど電車にしようかな。


 駅に向けて歩き始めた時……

 一台の車が、路側帯に止まった。


 それは、矢吹君のフェラーリだった。


 窓がスーッと開き、そこにはちょっと怒った矢吹君の顔があった。


「ふつう黙って、帰るかな」


「……っ」


「乗れよ。ここにあまり長く車停まっていられないから」


「……あっ、うん」


 矢吹君に急かされ、助手席に乗り込む。

 勢いで乗ったものの、緊張し過ぎて何も喋れない。


「優香。動物病院の先生とまだ付き合ってるのか?」


「……うん」


「結婚するのか?」


「……たぶん」


「先生のこと……好きなのか?」


 どうして……


 そんな意地悪なこと聞くのよ。


 わかってるくせに……。


 好きな人は……一人しかいないよ。


 矢吹君こそ、他の人と付き合ってるくせに……。


 ずるいよ……。


「俺、優香と大切な話がしたかったけど、あの後仕事で渡米し、なかなかオフが取れなくて、ごめん」


 矢吹君は私の右手に視線を落とす。

 矢吹君から貰ったサファイアの指輪は紛失したままだ。


 去年の誕生日に貰った指輪。

 大切な指輪を……無くすなんてサイテーだよね。


「俺はまだ付けてるんだ」


 矢吹君の右手には、あの時のペアリング。

 リングにデザインされた星が、サファイアと同じ光を放つ。


 矢吹君が右手で私の手を握った。


「俺は優香が好きだよ。ずっと……ずっと……優香のことばかり考えていた。違う世界にいても俺は俺だよ。それじゃあダメかな?」


 ……ダメなわけ……ないんだ。


「桜さんと付き合ってるんでしょう?」


「えっ?誰が?もしかしてワイドショーのネタを信じてるのか?俺が優香以外の女性と付き合うわけないだろう」


 我慢できなくて、涙が……ぽろぽろ溢れた。


 一度溢れ出したら……もう止まらない。


 矢吹君の手に力が入る。

 泣きながら……その手を握り締めた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます