128

「矢吹君、久しぶり〜」


「すごいな。俳優になったんだ。ていうか、異世ファンのタカだったなんて、早く教えてくれよ」


 一緒にキャンプに行ったことがある琴美や真砂美。カンジや宏一に囲まれ、矢吹君は照れ臭そうに笑った。


 矢吹君の周りに、どんどん人が集まってくる。有名人が一般人の披露宴に突如現れたのだから無理はない。


 矢吹君の笑顔、眩しいよ。


 眩し過ぎて……

 ますます、別の世界の人に思えて……。


 こんなに傍にいるのに……

 すごく……遠くに感じて。


 私は……凄く寂しかった。


 二次会も終宴になり、私は美子に近付く。


「美子、矢吹君を招待したことを一言も言わないなんて……酷いよ」


「うふふ、ごめんね。だって、優香じれったいんだもん。矢吹君とちゃんと話しなよ。優香、結婚はね、一生の問題なの。北川先生はきっと素敵な人なんだろうけど、やっぱり本当に好きな人と結婚するべきだよ。これから先の人生の方が、長いんだから……」


 美子の言うことは正論だ。

 私の気持ちをちゃんと見抜いてる。


 美子は大人だね。

 私はまだまだ恋の初心者だ。


 矢吹君と今さら何を話せばいいのか、私にはわかんないよ。


 矢吹君には風月桜がいる。

 私も北川先生がいる。

 私達はもう終わったんだ。


 美子は同じ銀行の同僚に囲まれ写真撮影に応じる。私は二人で仲良くお酒を飲んでいる恵太と美咲さんに声を掛けた。


「次は恵太だね、楽しみにしてるよ」


「また、優香はそんな事言って俺を困らせる」


 恵太が顔をしかめた。


「なんやねん恵太、不満そうやな?どーゆうこと?うちとの結婚がそんなに嫌やゆうんか?」


「……な、なに言うとんねん?嫌やないって。俺は美咲だけやって」


 恵太は美咲さんにタジタジだ。


 ……まじで、ウケる。


「うちらの結婚式にも、優香ちゃん来てな」


 美咲さんが明るく笑った。


「おい!俺はまだプロポーズもしてへんのに、わけわからんこというな」


「うふふ、もちろん参列させていただきます。恵太のこと宜しくね。じゃあ、私帰るから」


「帰るって、お前、矢吹はまだあそこで、みんなと話してるぞ?」


「いいの。私は……もう話す事ないから」


「優香、痩せ我慢するなよ。これがあいつと話す最後のチャンスになるかもしれないんだぞ?」


「いいの。じゃあ、美咲さんまたね」


 心配そうに私を見つめる恵太。私は二人に手を振って別れた。


 二次会会場の外へ出る。日も落ち周りの風景が、私の心みたいに寂しく見えた。


 矢吹君にさよならも言わなかった。


 ううん……。言えなかった。


 でも…これでいいんだ。


 これで……。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます