127

 恵太が矢吹君に掴み掛かった。


「やめてよ、恵太!大人なんだから、場所をわきまえて」


 私は思わず怒鳴る。


「……そうだな、今日は美子の結婚式だもんな。勘弁してやるよ」


 美咲さんが矢吹君を見つけ、恵太を押し退ける。


「わぁ〜!矢吹君やんか。久しぶりやなぁ。ドラマ、うち観てるよ。あれ、おもろいなぁ。映画ももーすぐ公開やろ?なぁ、後でサインくれへん?」


 美咲さんが矢吹君に握手を求める。矢吹君はこんな場所で握手を求められ苦笑い。


「よ……よせよ、美咲……。みんなに矢吹貴だとバレたら、大騒ぎだよ」


 恵太が慌てて止めに入る。


「もうバレてるやん。一般人とはオーラが違うんやで。こんなイケメンおらへんわ。なぁ、矢吹君一緒に写真撮ろう」


「いいよ。俺なんかでいいなら」


「ほんま?めっちゃ嬉しいわぁ!額に入れて警察署のロビーに飾るわ」


「あほか!警察署のロビーに俳優の写真飾るアホがおるか」


「ここにおるわ。警察署のロビーがダメなら、女子更衣室に飾るわ。恵太、シャッター押してんか」


「……ちぇっ、俺が写らへんやろ」


 恵太は渋々カメラを取り出し、美咲さんと矢吹君に向ける。


 恵太と美咲さん、ホントにいいコンビだ。


 矢吹君はそのあと披露宴にも二次会にも出席した。


 私と矢吹君はずっと隣の席だった。

 美子が計画的に私達が並んで座るように、席順を決めたんだ。


 ホント……ありえないから。


 私は久しぶりに逢った矢吹君に、緊張しすぎて話が出来ない。


 顔だって、まともに見れない。


 だって、矢吹君に見つめられたら、きっと泣いてしまうから……。


 ずっと……


 ずっと……


 泣きたいのを我慢して、矢吹君の隣に座っていた。


 矢吹君の視線を感じながら、私は気付かない振りをして、新郎新婦を見つめながらニコニコ笑っていたんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます