【13】偽恋、嘘恋? 摩訶不思議。

優香side

117

 私はバスで最寄り駅に行き、電車に乗り換えライブ会場に向かった。


 本当はもうライブなんてどうでもよかった。


 矢吹君の顔が……

 矢吹君の手の温もりが……

 矢吹君に掴まれた腕の痛みが……

 私の心を占める。


 会場の周りは、すでに大勢の人で溢れていた。北川先生からのメールを頼りに、キョロキョロと周辺を捜す。


 携帯電話が鳴り電話に出ると、『外階段の横にいるよ』と、明るい声。


 会場の外階段の横に、私服の北川先生が立っていた。


 いつもの白衣とは異なり、白いTシャツに黒いジャケット、ジーパンはブーツインしている。これでギターでも持っていたら、ミュージシャンに見えなくもない。


 私が知っている北川先生とは、全くの別人だ。


 北川先生、若いな。

 普段のイメージより、ちょっとカッコイイかも。


「よかった。来てくれるとは思わなかったよ。体調はもう大丈夫?藤崎さんが倒れ、上原さんまで早退したから、何かあったのかと心配したよ」


「先日は、すみませんでした。実はあの日のことはあまり覚えてなくて……」


「突然帰るから、ライブチケットを渡したことが原因だったらどうしようって、ちょっと心配だったんだ」


「……北川先生、ごめんなさい」


 本当は断るつもりだった。

 矢吹君とのことがなければ、ここに来てはいない。


「もう入場始まってるから、入ろうか」


「……はい」


 私は北川先生と会場に入る。

 席はアリーナ席。あの、大人しい先生がライブ開演と同時に、人が変わったみたいにノリノリで、想像を超えるくらい弾けてる。


 Mysteriousはメチャメチャカッコよかったけれど、北川先生のリアクションの方が、私には新鮮で面白かった。


 人って、わからないもんだね。


 診察室で白衣着て、どっかり椅子に座ってるイメージしかなかったから、北川先生に親近感を抱いた。


 ライブが終わる頃には、私の涙は乾いていた。矢吹君はMysteriousと同じ、光の世界に住んでいる。私は暗い客席。私達の住む世界は違うんだって、つくづく思い知らされた。


「あー楽しかった!上原さん、ライブどーだった?」


 子供みたいにハシャイでいる北川先生。

 北川先生と私は同じ世界の人間。


「はい、すっごく楽しかったです」


「そう?よかった。お腹減ったね?何か食べに行こうか?」


「はい」


「何が好き?寒いから、俺の行きつけのおでん屋さんでいい?」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます