貴side

116

 優香に突然別れを告げられ、俺は呆然と立ち尽くす。


 ホワイトメイディ王国でのことは、優香は覚えてはいないと思っていた。イギ王女と優香が入れ替わった時に、優香の記憶はナギの魔術によって消されたと思っていたからだ。


 だが、これは大切なことだ。

 うやむやには出来ない。


 だから、ちゃんと真実を話すつもりだった。


『優香にはもう近付くなと忠告したはずだ。お前、日本語わかんねーの?あっ、今は猫語かな?猫語わっかんねーの?』


「……ナイト、ふざけるな。優香は昨日のことを覚えているのか?」


『覚えてはいないが、優香には不思議な能力がある。いつ王国のことを思い出すかわからない。お前がチャラチャラ女遊びをするから、優香は愛想を尽かしたんだよ。ていうか、次は動物病院の先生って、俺というがいながら、どーなってんだよ』


 ナイトの言葉に、俺は平常心を保てない。


「風月桜は仕事のことでマンションを訪ねて来たんだ」


『二人きりでか?一線は越えてないとか、白々しいセリフをいう気なんだろ。そんな見えすいた嘘はもう流行らねぇよ』


「彼女と一線は越えてない。個人的な交際はしていない」


『どうなんだか』


「ナイト、お前、もう一度歌いたいって言ってたよな。俺も同じ気持ちだよ」


『話をはぐらかすな。お前は王位継承者だ。地球で俳優やミュージシャンになったとしても、ここはお前の居場所じゃないんだよ』


「……ナイト」


『優香は俺が奪い返す。せいぜい風月桜とイチャついてろ』


 ナイトは俺に背を向け、優香の家に向かって歩いている。


 地球で猫は仮の姿だ。

 けれど、優香にはナイトの本来の姿が見えているらしい。


 ナイトは優香と同居し、優香と同じベッドで眠り、毎日優香の傍にいられる。


「俺が猫になりたかったよ」


 ポケットからサファイアのリングを取り出す。俺の薬指にはプラチナのリングが光る。


 アギ王女から賜りし魔力を持つ不思議なサファイア。


 優香と愛を誓ったサファイアのリング。


 だがもうこれも……必要ないのかな。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます