【12】涙のバージンロード……? 摩訶不思議。 

貴side

103

 優香とのことがマスコミに騒がれ、1週間以上が経過した。


 所属事務所社長の指示で、車の運転も禁止され、仕事の現場にはマネージャーの送迎となる。


「貴、わかってるだろうな」


菊田きくたさん、わかってますよ。彼女を騒動に巻き込むつもりはありません」


「それならいい。明日は少しゆっくり出来る。午後四時に迎えにくるからな」


「はい。失礼します」


 地下駐車場で白いワンボックスカーから降り、エレベーターに向かう。


 突如薬指のリングが青く光った。胸騒ぎがしフェラーリに視線を向けると、ワイパーに紙らしきものが挟まり、ヒラヒラと揺れていた。


 フェラーリに近付き、紙をぬき取る。

【午前零時獣族軍の要塞で待つ。来なければ彼女の命はないと思え。エジソン大元帥】


「……彼女?」


 ワイパーにはネックレスのチェーンがぶら下がっていた。


 ネックレスを手に取るとそこには……。


「どうしてこれが……!?」


 俺が優香に渡したサファイアのリング。

 エルフ王のアギ王女より賜りしもの。


 優香を守ってくれるはずのリングが、どうしてここに……!?


 優香の携帯電話に電話を掛けたが、コールするだけで留守番電話へと切り替わる。


 俺はフェラーリの鍵を開け運転席に飛び乗り、優香の家に車を走らせた。


 ―北千住―


 午後十時、住宅街は静けさに包まれていた。俺は車から降り、歩道から優香の部屋の窓を見上げた。優香の部屋の明かりは消えている。


「ナイト!いるんだろう。大切な話があるんだ!」


 暫くして、出窓に人影が移る。

 その人影には獣耳があった。


「……ナイト!お願いだ!出て来てくれ!」


 レースのカーテンが開き、二つの目がキラリと光った。


『タカ、こんな夜中に何の用だ。優香ならいないよ。出張で帰らない』


「……出張?違うんだ!出張なんかじゃない!」


『出張じゃない?何のことだ』


「獣族軍に浚われたんだ!」


『……な、何だって!?』


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます