102

『上原優香と言ったな。動物たちがお前と話しをしていたが、お前は動物と話が出来るのか?まさか、人外……?』


「……私は人間です。でも、あなたの声はちゃんと聞こえてるわ。シャムのあなたはエジソン大元帥。アメリカンショートヘアのあなたはレオン大佐。私に銃口を向けているゴリラのゴーラル少尉」


「俺はゴリラではない!」


「だって、その顔がマスクでないのなら、ゴリラにしか見えないもの。イケメンだというのなら、マスクを取って顔を見せてよ」


「な、なにを小癪な!エジソン大元帥、このオンナを射殺して宜しいですか!」


 ――殺される……。


 思わず瞼をぎゅっと閉じたが、エジソン大元帥が首を横に振り、ゴーラル少尉が引き金を引くことはなかった。


『ならぬ!このオンナは生きたまま王国に連行する。大事な人質だ。傷付けてはならぬ』


「……わかりました。オンナ、命拾いしたな。早くお二人の首輪を外すのだ!」


 私はエジソン大元帥に近付く。

 首輪に手を伸ばすと、鋭い眼差しが私をとらえ、思わず背筋がゾクッとした。


『お前は生まれつき動物の言葉がわかるのか』


「……違います。昨年飼い猫の声が聞こえるようになりました。姿も……人みたいに見えるようになったんです」


『飼い猫だと?』


「……はい。野良猫ですけどね。顔は人間みたいな肌をしていて、獣耳と尻尾があるわ」


 エジソン大元帥とレオン大佐が顔を見合わせた。


『……もしや、カメナシ』


「どうしてかめなしさんの名前を知ってるの?」


『カメナシにかけられたエルフの魔術が、お前に不思議な能力をもたらしたのか……?』


 エジソン大元帥の言ってる意味が、私にはサッパリわからない。


『あのサファイアのリングはどうしたのだ』


「……あれは矢吹君が私にプレゼントしてくれたの」


『ヤブキ……か。お前はアイツの真の姿を知らないのか』


「矢吹君は異世界ファンタジーのボーカルで、今は俳優よ。超人気者なんだからね。矢吹君を傷つけたら、私が許さないから」


 エジソン大元帥とレオン大佐が口角を引き上げ、不敵な笑みを浮かべた。


『ヤブキの真の姿を教えてやろう』


 矢吹君の……真の姿?

 異世界ファンタジーのボーカル以外に、まだ何か秘密があるって言うの……?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます