91

「すっごいイケメンが運転してたね。私ね、メイク用品一式持ってるから貸してあげる。ロッカールームのテーブルの上に赤いポーチが出してあるから、メイクしておいで」


「藤崎先輩、本当ですか?助かります!」


「そのキスマークは、ファンデーションでも隠れないね。うふっ、絆創膏でも貼るしかないよ」


「あわわわ……」


 慌てて首筋を隠す。


『だから、言ってるだろ?早く貼れって』


 テリーの言葉に、思わず言い返す。


「絆創膏貼ればいいんでしょ」


 藤崎先輩が目を見開いた。


「えっ?そうね……」


「わ、わ、藤崎先輩すみません。藤崎先輩に言ったわけではありません。ヨークシャーテリアに」


「ヨークシャーテリア?」


「いえ、その……絆創膏ペタペタって」


 私は棚から絆創膏を取り出し、首筋にペタペタと貼る真似をする。


「貸してごらん。私が貼ってあげるから。そういえば、優香ちゃんの彼氏、どこかで見たことあるんだ。どこだっけ?」


「き、気のせいですよ」


「そうかな?誰かに似てるよね。俳優かな?アイドルかな?」


「……藤崎先輩、私の彼はそんなにイケメンじゃないですから。アハアハ」


 笑って誤魔化すが、彼は俳優矢吹貴だもん。

 イケメンに決まってる。


『男のマンションから出勤だなんて、苺のパンツもいい度胸してるよな』


「う、煩いっ!」


「……えっ?何?私?煩い?」


 私の怒鳴り声に、ドン引きした藤崎先輩。


「藤崎先輩、ち、違います。ワンワン、キャンキャン、ヨークシャーテリアが吠えて煩かったから、つい……すみません」


「ワンちゃんが鳴くのは、私達に構って欲しいからよ。動物の気持ちになって、ワンちゃんやネコちゃんに接しないとね」


「……すみません」


『ふん、怒られてやんの。優香、さっさとメイクして、仕事しろよな』


「ぐっ……。ロッカールームでメイクしてきます」


 私は笑ってるテリーをジロリと睨み、ロッカールームへ直行した。


 藤崎先輩に矢吹君の顔を見られ、ドキドキと鼓動が高鳴る。メイクを済ませ自分のロッカーを開けるとバッグが光って見えた。


 エメラルドグリーンの光……?


 バッグを開くと、そこにはサファイアのリング。サファイアは青藍色をしていて、エメラルドグリーンの光は消えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます