83

『おい、優香!夜の十時だぞ。こんな時間に家を抜け出す気か?』


「かめなしさん、パパとママには上手く誤魔化しといて」


『は?俺の言葉、パパやママには通じないだろ。どーやって誤魔化すんだよ!ていうか、俺という恋人がいながら、矢吹と寄りを戻すなんて、どういう神経してんだ。しかも、俺に逢瀬の偽装工作をしろと!?優香の振りして女装しろってか!?』


「……ごめん。行くね」


『ちょ、ちょ、待てよ』


 かめなしさんの手を振り切り、私は急いで着替えてバッグを掴む。


 かめなしさんは私のフード付きパジャマを着て、ベッドの中に潜り込む。


 ……マジで、女装してるし。


『俺は矢吹とのことを認めたわけじゃないからな。早く帰って来いよ』


「……うん」


 部屋を出て階段を駆け下りると、リビングで両親は矢吹君が出演しているテレビを観ていた。


 私は両親に気付かれないように、忍び足で家をそっと抜け出した。


 ――反対車線の路側帯に、矢吹君の車が停まっていた。


 私、すっぴんなんだよね。

 泣いたあとだし、顔もグダグダだよね。


 久しぶりに逢うのに、こんな顔を見せるなんて女子として恥ずかしい。


 運転席側の窓がスーッと開いた。


 夜なのに矢吹君は黒いサングラスをしている。髪色も明るいブラウンになっていた。ほんの少し逢わない間に、イメージが変わった気がしたんだ。


「優香、久しぶりだね」


 矢吹君は右手を伸ばし、大きな掌で私の頭をクシャクシャって撫でた。


 矢吹君に頭をクシャクシャってされると、何だかホッとする。


「泣き虫だな。ウサギみたいに目が真っ赤だよ」


「……だって」


「優香、今から外出出来る?ご両親に外出許可取って来たのか?」


「……うん」


 外出許可なんて、嘘だよ。

 こんな時間に外出するなんて、母が許すはずはない。


 でも、ここで断ったら、次はいつ逢えるかわからないから。


「ご両親に許可取ったなら、車に乗って」


「うん」


 私はすぐに助手席に乗り込んだ。

 車のライトに一瞬照らされた顔。


「優香、もしかしてもう寝てた?」


 すっぴんだとバレたみたい。


「……やだ、見ないで。子供じゃないんだから、こんなに早く寝ないよ」


 恥ずかしくて、思わず俯く。

 

 矢吹君と風月桜のラブシンーンが気になって、寝れるわけがない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます