77

「だって、無理だろ。お前は芸能人なんだよ。優香と付き合うなんて無理だよ」


「心配すんな、俺は優香を泣かせたりしない。もう二度と優香を手離さない。中原、お前にももう渡さないよ」


「矢吹、本当だな?お前が優香を泣かせたら、その時は俺が……」


 ――ボカッ!


「いってぇ――……。アホ、傷口が開くやろ」


 美咲さんが恵太の頭を殴った。


「頭殴って、腹の傷口が開くわけないやろ」


 まるでボケとツッコミのコントみたいだ。恵太は痛みに顔を歪ませ、苦笑いしている。


「恵太!はどうすんねん!その先を言うたら、許さへんで!」


 美咲さんは指をポキポキと鳴らし、恵太を威嚇している。


「わかってるて……。ジョ、ジョーダンや。矢吹に、念を押しただけやんか」


 私と矢吹君は、二人を見て吹き出した。

 微笑ましくて、可愛くて。恵太は私よりも先に、運命の人を見つけていたんだね。


 だから、最近は電話もメールもなかったんだ。


 でも……よかったよ。


 安心……したよ。


 美咲さんは口調はきついけど愛情に溢れている。恵太のことを大切に想い、愛していることが伝わってくる。


 私はこれから先も、恵太の幼なじみで……。


 恵太の一番の親友で……。


 ずっと、ずっと……

 恵太の傍にいるから……。


 恵太は、私の家族みたいな……

 大切な存在だから。


 美咲さんと、幸せになってね。


 私は……なれるかな?

 矢吹君と……幸せになれるかな?


 恵太の言葉を思い出し、少し不安だった。


「中原、お前に聞きたいことがあるんだ。犯人は迷彩服を着て、顔に獣のマスクを被っていたんだよな?」


「そうだよ。特殊メイクみたいに完璧なマスクだったよ。目の錯覚かもしれないが、手も人間の手じゃなかった」


「……人間の手じゃなかった?」


「毛むくじゃらのゴリラみたいな手だったが、日本語を話していたし、喧嘩していた酔っ払いの証言では、『大根すり』を探していたとか。意味わかんねーよな。よほど腹が減ってたのかな」


「大根すり?」


「恵太、それちゃうで。喧嘩を目撃していた人の証言によると、探していたのは『だいげんすい』やて。軍隊の『大元帥』か、それとも人の苗字じゃないかって、今捜査中や」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます