72

「緊張してるのか?」


 矢吹君に心の中を見透かされてる。


 恵太はきっとまだ私と付き合っていると思っているはず。私と矢吹君の関係を知れば、半狂乱に陥ってしまうかも。


「二人でお見舞いに行ったら、恵太きっと驚くよ。ショックで具合が悪くなるかも……」


「そうかもな」


「恵太、私達のこと何て言うかな……」


「俺はもう嘘はつかない。中原に殴られたとしても、優香のことははっきりさせる」


「そんなこと、私がさせない。矢吹君と付き合うって決めたのは、私なんだから。矢吹君に責任はない」


 矢吹君は真剣な眼差しで私を見つめ、頭をくしゃくしゃって撫でて笑ったんだ。


「優香は、俺の隣にいてくれればいいんだよ」


 矢吹君の優しい言葉が……

 私の心を優しく包んでくれる。


 矢吹君が私の左手を握った。

 細い指と指の間に、矢吹君の太い指が絡まる。


 ギュッと強く握られ、初めての夜を思い出し、鼓動がトクンと跳ねる。


 不埒な私。

 恵太のことが気掛かりなのに、心拍数は急上昇だ。


 矢吹君が私の耳元に顔を近づけた。

 周囲に聞こえないように、小声で囁く。


「キスしていい?」


「な、な、何言ってんの?新幹線の中だよ。だ、ダメに決まってる」


 耳たぶまできっと真っ赤になっている。

 矢吹君は私のテンパる様子を楽しむように笑みを浮かべ、頬にキスをした。


 私の視線は落ち着きなく、キョロキョロと周囲を見渡す。乗客の視線はこちらに向いていないが、安心は出来ない。


 矢吹君は自分が俳優だってこと、わかってるのかな。大人の自覚ゼロだよ。


 でも、ちょっと嬉しい。


 私も、大人の自覚ゼロだね。


 矢吹君の肩に、コトンって頭を乗せた。


 矢吹君の微笑みが嬉しくて。

 繋いだ手のぬくもりが嬉しくて。


 私の瞳の中には、矢吹君しか映っていない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます