恵太side

64

 ―大阪―


 俺は美咲と魔の一夜を過ごし、あれから優香に、電話は愚かメールすらしてない。


 ……って言うか、出来ねぇよ。


 俺は馬鹿正直だから、優香に嘘がつけない。


 優香の声を聞いたら、絶対に浮気がバレてしまう。いや、あれは同意の上の情事ではなく、俺を計画的に泥酔させた上で美咲が襲った計画的犯行に違いない。


 俺達は大阪と東京で、大切に遠距離恋愛を育んできたのに……。


 優香が就職し、俺が警察学校に入学した頃から、互いが忙しくなり連絡を取り合っていなかった。


 でも、離れていても優香とは通じ合えている自信があった。


 だって俺達は、幼稚園の頃からの幼なじみだ。優香の考えていることや優香の性格は、全部わかってる。


 俺の心の中にはいつも優香がいて、優香の心の中にも俺がいて、矢吹の出現で俺達の関係に亀裂は走ったが、それも今は完全に修復されて、俺達はキスをした仲なんだから。


 去年の年末と年始は、優香の家に泊めて貰ったんだ。優香を抱くチャンスなんて、山ほどあったのに、俺は優香を抱く事が出来なかった。


 何故って?


 優香が机の上にあるウルフのぬいぐるみを『タカシ』と呼んだことで、矢吹からのプレゼントだって分かったから。


 矢吹とは完全に別れたと思っていたのに、そのぬいぐるみを大切に飾っている優香を見ていたら、俺は優香にそれ以上手が出せなかった。


 優香の心の中には、まだ矢吹がいるんだって、そう思ったから。


 優香の心を占めているのは、俺だけじゃない。その比率は半分ずつ?それとも、矢吹で埋め尽くされているのか……?


 勇気を出して、重ねた唇。


 優香の心を埋め尽くしているのは、矢吹じゃない、!って、そう思っていたのに……。


 うわああーー……!


 一生の不覚!


 な、な、な、んで、俺が美咲に埋め尽くされてんだよ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます