61

「誰がキモいって?あはは、誰がぁ?えへへっ」


『やっぱ壊れてる……。先生ー!婦長ー!大変だよー!』


 動物達の言葉が、先生や婦長に通じるわけないのに。


「上原さん、ちょっといいかな?」


 階下から、私を呼ぶ先生の声。

 えっ?まさか、通じちゃったの?


 まさかね?


「今、行きます!」


 慌てて階段を駆け降り、診察室のドアをノックし室内に入る。


「おはようございます。あの……何でしょうか?」


「やぁ、おはよう。……んっと」


 先生は周りを見渡し、ドアを閉めた。


「二階に誰かいた?」


「いえ?入院患者さん以外、いませんけど」


 何の話だろう?

 私なんかミスしたかな?

 ていうか、ミスだらけでどのミスかわからない。


「あのさ、上原さんはライブとか好き?」


「ライブですか?アーティストにもよりますけど……」


「Mysteriousなんだけど」


「Mysteriousですか?好きです。大好き!異世界ファンタジーの次に好きなミュージシャンです」


「異世界ファンタジーも好きなんだね。よかった。これMysteriousのライブチケットなんだ。行かない?」


「わぁ~頂けるんですか?行きます!」


「本当?十二月にあるんだけど、大丈夫かな?」


 先生から渡されたのは一枚のチケット。

 えっ?一枚って事は一人分しかないってことだよね?


 まさか、一人で行くの?

 二枚あれば美子を誘うんだけど。


「この事は他の職員には言わないで欲しいんだ。個人的に上原さんを誘ってるだけだから」


 個人的に誘ってる……?


 先生の言ってる意味がわからず、返答に困っていたら、不意にドアが開いた。私は貰ったチケットを制服のポケットに突っ込む。


「先生、入院中のミニチュアダックスですが。あら、ごめんなさい。先生、上原さんがまた何かしましたか?」


 私を見て『また何かしましたか?』だなんて、婦長もキツいな。


「いや、そーじゃないよ。ミニチュアダックスの退院の件で、上原さんに指示をしていたんだ」


 真面目な先生が……

 婦長さんに嘘をついた。


「そうだったんですか。先生、退院前の診察をお願いします」


「ああ、すぐに行くよ」


 先生は立ち上がると、私を見つめた。


「じゃあ、あとは指示通りに宜しく」


 指示通りに宜しくって……?


 えっ?えっ?どうしよう!


 これって、デートの誘いなのかな?


 まさか……ね?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます