46

 ナギはクスリと笑った。


「みんな僕の姉だよ。第一王女から第三王女は三つ子、第四王女から第六王女も三つ子、第七王女と第九王女も三つ子なんだよ。みんなお母様似なんだよ」


 優香のクローンかと思った。


 俺には第一王女とそれ以外の王女の区別がつかない。この中に入れば、ナギが王女に間違えられてもしかたがない。だって同じ容姿なのだから。


 王女とナギの区別は、女性らしい体つき。即ち、豊かなバストがあるかどうか……。


「アギ王女、こちらへ」


「はい。お父様」


 一人の王女が俺の前に立ち、膝を曲げ挨拶をした。

 コバルトブルーのドレス、九人の王女はよく見ると、若干髪型とドレスのデザインが異なる。


「アギ王女、こちらは国王陛下の第二王子、タカ王子だ。このたびアギ王女との婚約が相整った」


「嘘っ!?お父様、私、人族の王子と結婚するのですか?」


「そうだ。お前はホワイトメイディ王国の妃となるのだ」


「それは……強制ですか?」


 アギ王女は少し不満気に口元を歪ませた。


「アギ王女はエルフ王の第一王女だ。タカ王子に不満があるのか」


「いえ、お父様がお決めになったことに不満などありません。タカ王子は美男子イケメンですし、九姉妹から私を選んで下さり大変光栄です。ひとつ質問がございます。人族ではなくエルフの私を選んだのは、どのような理由でしょうか?まさか、お父様に強引に押し付けられたからではないですよね?」


 アギ王女は優香とそっくりではあるが、性格は全く異なるようだ。とても気が強く、エルフの王女とは思えない。


「エルフ王、すみません。アギ王女と二人だけで話をさせていただけませんか?」


「もう二人きりになりたいと?初対面でそのような要求をされるとは、人族とは本能のままに行動する生き物なのだな。まあよい。アギ王女はもうタカ王子に差しあげた身、好きなように愛を育めばよい」


 エルフ王の言葉に、ナギがクスクス笑いながら、俺にそっと耳打ちした。


「タカ、アギ王女に押し倒されないようにね」


「……っ、ナギ」


「わかってるよ。彼女のことを話すつもりなんだろう。タカ、僕はタカが義兄になるのは嫌じゃないよ。タカが本気で決断したなら、この現実を受け入れる」


「うわ、わ、勝手に受け入れるな」


「ジョーダンだよ」


 ナギはクスリと笑った。

 その笑顔が優香と重なり、思わず顔がほころぶ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます