42

「カメナシ、ギダ殿下とアリシアが暗殺されたというのは本当か……」


「はい。ギダ殿下は斬りつけられたアリシアを庇われたのでしょう。背中を剣でひと突きされ、アリシアに覆い被さるように亡くなっていたそうです」


「国王陛下は……」


「国王陛下は半狂乱となられた王妃の傍に……。王妃がギダ殿下に縋り付いたまま離れられないそうでございます」


 母がそれほどまでに、兄のことを……。


 俺達はカメナシと一緒に階段を上る。


 ギダ殿下の寝室の前には複数の国家警察官や兵士がいた。俺達に銃口を向けた兵士を、カメナシが嗜める。


「無礼者、この方々はタカ王子と、エルフ王のナギ王子であるぞ」


 兵士はすぐに銃口を下げ、俺に最敬礼した。


「ははあ!これは失礼いたしました。ご無礼をお詫びします」


 カメナシは寝室のドアをノックし、国王陛下に声をかける。


「国王陛下、タカ王子とナギ王子がお越しです」


 ドアが勢いよく開き、泣き腫らした母が俺に抱き着いた。


「……ああ、タカ王子。生きていたのね……。地下牢に閉じ込めたことを許して下さいね」


「お母様……。ギダ殿下は……」


「わあああー……」


 母は狂ったように泣き叫ぶ。


「お母様!お母様!」


わたくしもギダ殿下のもとへ……」


 母は俺の腰に差した刀剣を奪うと、自分の喉元に鋭い刃先を突き付けた。


「お母様、落ちついて!」


 ナギが虹色のステッキを振ると、刀剣が薔薇の花に変わる。


 母はそれを目の当たりにし、気を失った。


「カメナシ、王妃を寝室に運び休ませて下さい」


「畏まりました……」


 カメナシはベッドの上に横たわるアリシアに視線を向け、祈るように瞼を閉じた。

 娘を亡くした深い悲しみが、伝わってくる。


 ナギはギダ殿下とアリシアに近付き手に触れた。


「ナギ、生き返らせることはできるか」


 ナギは首を左右に振る。


「僕にその力はない。でも……まだ体温が残っているうちなら、エルフ王に仕える魔術師パギなら、二人を生き返らせることが出来るかもしれない」


「……生き返らせる!?そんなことができるのか!?」


「パギなら……きっと可能だ」


 ナギはその場に跪き、両手で虹色のステッキを掲げ、祈りを捧げる。


 ――すると、寝室の床がまるで湖の底のように揺れ始めた。煌めくようなコバルトブルーの湖水が湧き上がり、二つの人影を浮かび上がらせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます