39

 俺は城を飛び出し、白馬に跨がる。

 馬はヤブキと一緒にこの王国に数頭転移し、この地で繁殖させたものだ。


 獣族軍の司令部が深い森のどこにあるのかわからないが、胸騒ぎがしじっとしていることは出来なかった。


 セガはナギと一緒にいるはずだ。

 ナギは常に冷静で、エルフは人族と獣族の中立的な立場にある。


 いざとなれば、魔術でセガを救ってくれるはず。


 太陽が森の中を明るく照らし、木の葉に溜まっている夜露が輝いている。


「セガー!ナギー!」


 自分の声だけが、静かな森の中を駆け抜ける。


「……セガ、ナギ、どこに行ったんだよ!まさか……」


 森の中を闇雲に馬を走らせると、山頂に要塞が見えた。険しい岩山は馬で上るには不可能だ。馬の手綱を木に括り付け、俺は険しい岩山を上った。


 要塞に辿り着くと、数名の衛兵がいた。

 刀剣を手に、奴らの動向を伺う。


 奴らの顔はゴリラのように厳つく、黒い毛に覆われている。戦国時代のような鎧兜を身につけていたが、まるで蝋人形のように身動きひとつしない。


「……どうしたんだ?」


 衛兵の横を通り過ぎ、要塞の中に侵入する。要塞の床には、たくさんの兵士が倒れていた。


 口から血を流している者。

 体を斬り裂かれている者。

 要塞には血溜まりが出来ている。凄惨な現場に身も凍る思いがしたが、数十体の兵士は、みな蝋人形のように固まっていた。


「……セガ、ナギ、どこにいるんだ」


 獣族軍の兵士の体がゴロンと転がり、思わず刀剣を身構える。兵士の背後から人間の指が見えた。


「……おせぇぞ、タカ」


「セガ!生きているのか!」


「……あたり前だろ」


 俺はセガに駆け寄り、その手を掴んだ。ヌルリとした感触に、思わず目を見開く。


 そこにいたのは……

 腕や背中を負傷した、血だらけのセガ……。


 セガの足元の血溜まりの中で倒れていたのは、ナギだった……。


「ナギ!ナギー!」


「心配するな……。ナギは死んじゃいねぇよ。ナギは最後まで話し合いでケリをつけるつもりだったが、獣族軍が攻撃してきたんだ。兵士に斬りつけられた俺を助けるために、魔力を使い獣族軍を蝋人形に変えた。体力を消耗し、気を失ってるだけだ」


「……そうか」


 俺は上着を切り裂き、セガの体に巻き付け止血する。


「セガ、エジソン大元帥はどこだ」


「エジソン大元帥と側近のレオン大佐は逃走した……。もしかしたら……ホワイトメイディ城に向かったのかもしれない」


「……ホワイトメイディ城に」


「すまない。エジソン大元帥を説得することが出来なかった。ギダ殿下とアリシアが……危ない」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます