38

 ◇◇


 ナイトと地球で再会した後、俺は王国に帰還し使用人に変装した。ホワイトメイディ城に忍び込み、ギダ殿下の寝室に向かった。


 俺とセガは地下牢に投獄されていることになっている。誰かに見つかれば、俺達を魔術で脱獄させたナギが罪を負わされ、国王陛下に処刑されてしまうかもしれないからだ。


 ギダ殿下の寝室に忍び込むと、そこにはギダ殿下とアリシアの姿があった。


「……タカ王子、お前も脱獄したのか。だとしたら、地下牢にいるのは一体何者なんだ?」


 地下牢……?

 ああ、殿様バッタとダンゴムシのことか。


ということは、セガがここに来たのですね?ギダ殿下、セガから話を聞いたのでしょう。もうエジソン大元帥との話し合いは解決したのですか?」


「……セガ公子は昨夜ここに来た。地下牢に投獄していたナギ王子の釈放を要求し、私の軍服を盗み、私に成りすまし城を出た。行き先は多分……獣族軍の司令部だ」


「ナギを釈放し、二人だけで獣族軍に!?そんな……。それで、セガやナギはどうなったのですか!?」


「それはわからぬ。私達も二人の行方を案じていたところだ」


 セガ……。

 ギダ殿下に成りすまし、獣族軍に乗り込むとは……。


 俺はそこまでしろとは言ってないぞ。


 獣族軍は野蛮で非道だ。

 人を喰い殺すことも可能な鋭い牙や、刀剣にも劣らない鋭利な爪も生まれながらに持っている。


 ナイトやアリシアのように、人族との混血ではない獣族は、体も毛に覆われ、容姿も人間とはほど遠い。


 獣族のエジソン大元帥は、ナイトと同じネコ科だ。もしもナイトがいてくれたら、話し合うことも出来たかもしれないが、セガ公子は獣族がもっとも嫌う人族。


 ――このままでは、セガの身が……危ない!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます