35

「……私はギダ殿下を愛しています。政略結婚などしたくはありません」


「政略結婚?アリシア、婚約者がいることを伏せ、ギダ殿下を騙していたのか」


「……国王陛下、お許し下さい。騙していたわけではありません。ギダ殿下を愛するあまり……申し上げることが出来なかったのです」


 国王陛下は怒りをあらわにし、拳を震わせ立ち上がった。


「ええい!無礼者!王室を愚弄した罪は免れぬ!アリシアもカメナシ一族も引っ捕らえ即刻処刑せよ!」


 国家警察官がアリシアとカメナシ夫妻を捕らえる。アリシアは大粒の涙をポロポロと溢しながら、ギダ殿下を見つめた。


 ギダ殿下が国王陛下の前で跪く。


「国王陛下、どうかアリシアをお許し下さい。この私がアリシアを見初めたのです。獣族軍のエジソン大元帥という婚約者がいることを知りながら、アリシアを愛してしまったのです。エジソン大元帥には私から話をし円満に婚約解消してもらいます。

 どうか、私達の結婚をお認め下さい」


「ギダ殿下、アリシアに婚約者がいることを知っていたのか」


「はい。アリシアには大変失礼だとは思いましたが、アリシアのことは全て調べさせました」


「……あぁ」


 アリシアはその場で気を失い、ギダ殿下がその体を受け止めた。ジャンがギダ殿下に跪き、頭を垂れる。


「ギダ殿下、エジソン大元帥は話してわかる相手ではございません。獣族が国王であった時代より、国軍として王家に仕えた家柄でございます。先祖代々大元帥を務め、獣族軍を牛耳っております」


「どうしてそのような者を、アリシアの婚約者にしたのですか?」


「グラハム・エジソンはアリシアの命の恩人なのです」


「命の恩人?」


「アリシアが二歳の時に、森で迷子になったことがございまして……。一週間発見されず、妻も私も生存を諦めていたのですが、森の崖下に倒れているところを、当時十四歳だったグラハム少年が発見し救助してくれたのです」


「それがエジソン大元帥……」


「はい。アリシアは二歳だったので当時の記憶はございませんが、エジソン家より正式に婚約の申し入れがあり、アリシアが十八歳になりし時は、婚儀を執り行うこととなっておりました」


「……その約束が、今年ということか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます