10

 な、なに?なに?


 二階から男の人の声がする。しかも一人や二人ではない複数の声だ。


 う、嘘っ……?


 この病院に、男性は一人だけ。

 二階には入院患者の犬と猫。他には誰もいなかった……。


 周りを見渡す。

 私と入れ違いに、誰かが二階に上がったのかな?キャットフードで見えなかったのかな?


 もしかして、エアコンの定期点検?

 作業員にイチゴのパンツを見られた!?


「あの……誰か二階に上がりました?」


「なに言ってるの?誰もいないわよ。患者さんが来院される前に、早く掃除しなさい。野元さんは髪を束ねなさい」


 越谷婦長に注意され、野元先輩は慌てて髪をひとつに束ねる。


 私は階段を見上げた。入院室のドアは開いている。


 ずらりと並ぶゲージから、たくさんの目が私を見下ろしていた。


 ――まさか……


 まさか、まさか……!?


 嘘っ……!?


 私、また聞こえてるの?


 今度はかめなしさんだけじゃなくて動物達……全部!?


 そんなこと、ありえないよ……

 嘘だよね……?


「上原さん、早くしなさい」


「す……みません!」


 慌てて立ち上がり、袋が破れて散らばったキャットフードを箒で掃く。


『だっせぇ。掃除してるぜ。まさか、あのキャットフードを、俺達に食わせる気じゃねぇだろうな』


『まじかよ……。サイテーだぜ。俺、朝ごはんいらねぇ』


 や、やだ。

 聞こえてる。


 やっぱ、聞こえてるよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます