【2】特殊能力レベルアップ? 摩訶不思議。

 全速力でダッシュし、バス停に向かう。

 美子はバス停で携帯電話を見ている。


「ハァハァ……。おはよ……美子……」


 息を切らして、ハァハァ、ゼェゼェ。

 短距離走の陸上選手には、なれそうもない。


 せっかく整えた髪型も爆発している。


「優香、おはよう。今、LINEしたんだよ。また寝坊したの?だめだね。目覚ましで起きれないの?」


 目覚ましの音で起きられたら、苦労しないよ。


 この一年で驚くくらい大人びた美子。

 やっぱり五歳年上の恋人の存在は大きい。


 私なんて未だに童顔で体形も未成熟で、落ち着きもない。美子と並んでいると姉妹に間違われてしまうほどだ。


 数分後バスが到着し、美子と乗り込む。


 あと五分遅かったら、私はバスに乗れていない。遅刻確定だった。


「セーフセーフ」


「本当に、優香は変わらないね」


 吊革を握り、美子が私を見て苦笑いしている。髪色はダークブラウン、肌はきめ細かくつるつるしている。ナチュラルメイクだけど、何気ない仕草も表情も色っぽい。


 美子を大人にしたのは年上の恋人だ。


「美子が変わったんだよ。社会人になって色っぽくなったし。フェロモン放出しまくりだよね」


「何よ、それ」


「匂い立つような色気って。美子のことをいうんだね。やっぱり五歳年上の彼氏がいると違うよ」


「やだな。そんな目で見てたの?まだお子ちゃまの優香とは違うかもね」


「……何よ。お子ちゃまって」


「だってさ、恵太とだって、遠距離恋愛を一年しても平行線なんでしょ?年末年始に優香の家に泊まったのに何もなし。二十四歳の男女がひとつ屋根の下にいて、何もないなんて……ねぇ」


「や、やだ。美子こそ、変なこと考えないで。私と恵太は遠距離恋愛してないし。幼なじみに毛が生えただけだよ」


「……ぷっ、幼なじみに毛なんて生やさないで。毛虫じゃないんだから」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます