第77話 旅立ち 63

この大きさから考えると、短剣で一刺ししたくらいでは、その心臓部に届きそうもない。



いつの間にか、リヌクの体は、斬りつけたときに飛び散るスライムの体液で覆われていた。



剣で斬りつけるほど、自分の身に害が及ぶという皮肉な状態で戦っていたのだ。



それでも、斬りつけたスライムの体は深くえぐられていた。



リヌクの腹を見ると、さっき自らナイフで刺した部分から絶えず血が流れ落ちている。



剣を動かし続けている腕の動きも次第に鈍くなり、意識もはっきりしなくなっていた。



リヌクは、疲れた腕で、力いっぱい短剣の刃をスライムに入れると、グシャという音が聞こえた。



それは、今まで斬りつけた音とは違うものだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます