75

その生き物は、どこかで見たことがあるものだった。



近づくにつれて、その正体がはっきりしてきた。



それはスライムだった。



しかし、そのスライムは、この前見たものとはまったく異なっていた。



高さが三メートルはあろうかという巨大なスライムだったのだ。



「死ぬときまで仕事をさせる気か」リヌクはふらつきながら立ち上がった。



左手は自分の腹に突き刺さっているナイフにかかっている。



その手は震えていて、力が入っていることが分かった。



リヌクは、うなり声を出しながら腹のナイフを抜いた。



石になりかけている右足を一歩前に踏み出そうとしたが、その足はなかなか持ち上がらず、バランスを崩し、ひざを折りながら前のめりに倒れた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます