73

リヌクは、苦しそうに肩で息をしていた。



「タバコはなかったよ」



パドスは、リヌクさらに近寄ろうとした。



「来るな」と、リヌクは言った。



「どうしたんだよ?」



リヌクは、自分の腹を両手で押さえていたが、その部分は血で赤く染まっていた。



リヌクが、腹に当てた両手を少し動かすと、そこからナイフが見えた。



「何をしてるんだ?」と、パドスは言った。



「何も、何も言うな」リヌクは、うなだれた頭を持ち上げることなく言った。



「でも……」



「もう、こうなってしまったら石になるのをじっと待つだけだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます