第65話 旅立ち 51

後方には、火が燃え盛っているが、いまパドスがいる場所は、ちょうど、その火の海を抜け出したところにあった。



自分の右肩を見てみると、小さな炎が服から上がっていた。




パドスは、その肩を地面につけて、火を消した。



正面を見ると、そこにはつながれたラバがいる。



ラバは生きていたのだ。



「よく生きていたね」と微笑みながら、ラバを繋いだロープを解いた。



ラバの近くにある荷車には、猫のリルもいた。



リルを抱くと、ギャーという鳴き声をあげた。



鳴き方は変わっているが、喜んでいるのだ。



パドスは、ラバの手綱をつかんでゆっくり進みだした。



この先には、もう火は見えない。



暗闇をとぼとぼ歩いていると、少し先に人影が見えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます