64

「もう生きているかどうかわからんぞ」



そのリヌクの言葉に、パドスは何も答えなかった。



そして、パドスは火のなかへ二、三歩踏み出して、また立ち止まり、「逃げて」と一言リヌクに言った。



その後、さっきかぶっていた焦げた上着をかぶって火の中へ駆けていった。



火の燃える音とともに、身を溶かすような熱気がパドスに伝わってきた。



火はすぐに上着に燃え移った。



上着に火がついたままの状態で突っ走っていたパドスだったが、火が燃え移っていることに気づくと、上着を脱ぎ捨てた。



目の前には、ちょうど火と火の間にわずかな空間ができている。



その空間に向かってパドスは走った。



火のなかを走っていたが熱さなど感じる余裕はなかった。



パドスは、火のないわずかな空間に滑り込むと、地面に倒れこみ、体を小さく丸めた。



自分の呼吸の音だけが耳に響いてくる。



少しして、冷静さを取り戻したパドスは、辺りを見回した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます