30

旅人にとって一番恐れるべき存在は盗賊であったが、今いる土地のような人間がほとんど行き来しないような場所では、彼らも生き延びていくことはむずかしく、彼らに遭遇する確率は極めて低かった。



さらに、最近になって増え始めた怪物や魔物の類も、この土地に着てからはほとんど見かけることはなかった。



リヌクが、石になったおじいさんを運ぼうという気になったのも、このような要因があったからだ。



少し先に岩場が見える。



リヌクとパドスは、そこで一夜を過ごすことにした。



リヌクは、旅の途中で拾ってきた木の枝で火をおこし、そこで大豆の缶詰を火のすぐ近くに置いて温めた。



缶詰がぐつぐつと煮えたぎると、木の皿を取り出し、そこに缶詰の豆を半分ほど入れた。



「さあ食べなさい」リヌクは、近くに座っているパドスにその皿をさしだした。



「ありがとう」と言って、パドスはその皿を受け取った。



「塩しかないが……」リヌクは、皿を渡した後、袋から塩をつまんで、その皿の豆に振りかけた。



パドスは、その豆を何も言わずに口の中に運んだ。



それは詰め込むだけの食事だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます