28

ラバもパドスに従うかのように目を閉じている。



紫色の空には、雲の合間からたくさんの光線が地面に向かっている。



それは、光のカーテンのようだった。



その中の一筋の光の様子が少しおかしかった。



何かを探しているように左右に動いているのだ。



その光は、速いスピードで橋の近くまでやってきて、スポットライトのようにパドスを照らし出した。



パドスのj体から無数の光の粒子が浮き上がった。



深呼吸したパドスは、ラバの鞍をつかんだまま、一歩後ろに下がった。



すると、ラバの足も一歩前に動いて、橋の崩れ落ちた部分に引っかかっていた車輪が回って、橋板に上がってきた。



パドスは、そのまま二歩、三歩と後ずさりした。



車輪もその動きに合わせて板の上を進んでいる。



そして、車輪が橋板から土の部分に達したとき、橋から板が割れるような、凄まじい音が響き渡った。



橋は真っ二つに割れて、橋板が落ちて激流に飲まれ、川の中に消え去っていった。



危機一髪のところで、パドスは荷車を橋から引き離すことができたのだ。



リヌクは、その様子を呆然と見ていて、何の言葉も出なかった。



橋の崩壊する音が完全におさまり、静寂が訪れたとき、リヌクはわれに返った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます