23

リヌクは、橋の前で少しばかり立ち止まった。



大きく深呼吸をすると、「さあ、いこう」と、自分に言い聞かせるように言った。



そして、橋に一歩足を踏み出した瞬間、橋板からギィという音が響いた。



リヌクの足はそこでぴたりと止まった。「ラバを渡らせる前に、私が向こうに渡ってみよう」



リヌクは、ラバの手綱をパドスに渡すと、確かめるようにゆっくりと橋板に足を踏み出していった。



ギィギィという橋板のきしむ音が進むごとに響いてくる。



その音を聞きながら、緊迫した時間は過ぎ、リヌクはようやく向こう端に渡りきることができた。



せいぜい五分程度の時間だったが、その何倍にも長く感じられた。



「大丈夫だ。さあ、パドス、お前もこっちへ」と、リヌクは向こう側にいるパドスに向かって叫んだ。



パドスは、ラバの手綱をしっかりつかんで、歩き出した。



パドスはラバと一緒に橋を渡ろうとしているようだ。



「パドス、ラバは連れてこなくていい。まずは、お前だけこっちにきなさい」と、リヌクは向こう端から叫んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます