22

冷たい風が、スーと通り過ぎた。



パドスは、その風を受けて、急に呼吸が乱れてきた。



そして、風が完全に止まったとき、「さようならー!」と、一言遠くの村に向かって叫んだ。



彼の呼吸と心臓の鼓動は、さらに激しくなった。



行き場を失った感情が、喉から飛び出してきそうだった。



パドスは、その感情を抑えきれずに、「さようならー!」と、もう一度叫んだ。



パドスは足の力が抜けて、地面に両ひざをついた。



そのまま両手も地面に付けて、四つん這いになった状態で涙を流した。



「パドス、時間はあまりない。この橋を渡ろう」と、リヌクは言った。



この橋は、単純な構造の橋脚もない木の橋で、落下防止用の欄干などは設けられていなかった。



切り立った岩と岩の間にかけられていて、六、七メートル下には、猛烈な勢いで川の水が流れている。



橋幅も、荷車がかろうじて通れるくらいで、そこから少しでもはみ出そうものなら、たちまちバランスを崩して激流の中へ落ちてしまうだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます