11

いや、パドスがいるではないか。



リヌクは、目を回してパドスを探し出した。



幸運にも、視界にパドスの姿が入ってきた。



だが、ここでは、アイコンタクトしかつかえない。



リヌクは、なんとかパドスに自分の状況を伝えようとしきりに目配せをした。



パドスは、その動作に気づいたようで、興味深そうにリヌクをみつめた。



パドスの口は半笑い状態になっている。



助かったと、リヌクは思った。



だが、パドスは、リヌクを助けることなく、そのまま大笑いしながら向うのほうへ歩いていった。



再び、静まり返った時間がやってきた。



猫のリルは、相変わらずパドスの顔の上にのっかっている。



なんということだ。



最後の頼みの綱のパドスがいなくなるなんて。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます