5

少年は、ベッドに横たわっている石になったおじいさんを見つめた。



「おじいさん?もうお前のおじいさんは石になってしまったんだ」



「石になっても、おいらのおじいさんなんだ」



「気持ちはわかるが」



リヌクは、天井を見ながら考え込んだ。



ここから一番近くの町までは、約二日かかる。



この少年一人だけであれば、一緒にラバに乗ってなんとか次の街にたどりつくことができるが、石になった人間を運ぶとなると、これは大変な作業だった。



その道のりも安全ではなかった。



死の風は、多くの怪物たちを呼び寄せる。



この周辺の地域も死の風を影響を受けていて、最近では怪物たちの姿を見かけることも少なくはなかった。



「馬はいるか?」とリヌクは少年にたずねた。



「馬? もう死んじゃったよ」と少年は答えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます