4

「ああ、生きていたのか?」



リヌクは、死んでいると思っていた少年がしゃべったので少し驚いた。



「それで、ほかの村人はどうした?」



「もう、誰もいないよ」少年は、そう言いながらリヌクを見た。その目は、真っ赤に充血していた。



「どうして、お前だけ生き残っている?人間は、死の風を受けると石になってしまう。ほかの村人はみんな石になってしまったのに、一人だけこうして生き残っているなんて」



「おいらにはよくわからないよ」



「子供は、大人に比べて死の風の影響を受けにくいと聞いたことがある」リヌクは、昔の記憶をたどっていた。「さあ、くるんだ。ここにいてはいけない」



「放っておいてくれよ!おいらは、ずっとここにいるんだ」



「ここにいてどうする。もうこの村には誰もいない。いるのはお前一人だけだ」



「おじいさんを置いてはいけない」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます