第五章 姫君の物語

第98話 目覚め

 テントの帆布を透ける朝の陽光が、寝ていた俺の目を覚まし、外へといざなう。

 いつもなら、すぐに、飛び起きるシチュエーション

 でも今は、ためらう。


 幼い女の子の可愛らしい寝息が耳元でゆっくりと時を刻む。


 帝国軍に母親を殺された幼い女の子、フローラは、俺の腕を枕にして寄り添うように寝ていた。

 彼女が目覚めぬよう気を使いながら、俺は、ゆっくりと上体を起こす。

 フローラはスヤスヤと穏やかに眠っている。


 良かった、成功だ。


 昨日の事を思いながら、彼女の髪を指先でそっと優しくく。

 彼女は、寝返りをうって返事をした。

 身体が冷えないように、乱れた布団を整えてやる。


 それから、俺は、腕を伸ばし、背伸びをしながら深呼吸、新鮮な空気を肺いっぱいに吸い込んで吐き出した。すぐに、立ち上がり、テントの外へ出る。


「ごっ主人しゅじーんっ!」

 いきなりチビが抱きついてきた。

 朝から元気いっぱいのチビは、白銀の尾を激しく振りながら、俺にまとわりつく。


「マスター、お目覚めか?」

 ジャンヌは、鎧を脱ぎ、薄い布地の服姿を披露しながら、手頃な岩に腰掛け、タオルで汗を拭いている最中だった。

 彼女の肌から立ち昇る熱気が、朝稽古の厳しさを物語っている。


 コップに冷たい水を入れ、彼女に差し出す。

「これは?」

 彼女は小首を傾げながら受け取り、一口飲み、「冷たくて、美味しい!」と感動している。


「私が入れた水よ」

 指先から魔法で生み出した水をコップに注ぎ、チビにも渡す。


 ゴクゴクと美味しそうに飲むチビを愛でていると、ジャンヌがとんでもない事を口走る。


「では、これはマスターの聖水!」

 ジャンヌは大声で驚き、コップを陽の光に透かす。


 バカなの、この娘!


 当然、近衛騎士たちがざわつく。

「ソフィア様の聖水」

「飲んでみたい……」


 俺は、顔を真っ赤にしながら、ジャンヌをゲンコツで殴った。

「うわーん、マスターに殴られた」

 お前、それ、まさかの嘘泣き?


「お母さん、おしっこ」

 テントからフローラが目をこすりながら出てきた。


 ゴクリッ、変な勘違いをした近衛騎士たちが生唾を飲み込む。


 キーッ! お前ら、どっかいけよ!

 空気弾エアショットを彼らの足元に放ち、追っ払う。

 後で、レティーシアに言いつけてやる、イーッだ!


「さぁ、フローラ、連れてってあげるわ」

「抱っこー」

「はいはい」

 フローラを抱っこして、急造した厠へ急ぐ。


「お母さん??」

 チビとジャンヌの声が聞こえたが、それは後々、今は、厠へ急げ!


 郊外から見る街並みは、つい最近まで人が住んでいたとは思えない廃墟。

 瓦礫ばかりが目立ち、辛うじて形を残す建物も、人が住めるような状態には見えない。

 それでも、人影がチラホラと見え始め、瓦礫を片付け始めていた。


 そこに、燃える前の街を見、これから先の未来に想いを馳せる。


 一大事が終わり、その後は、皆で朝の軽食を摂っていた。


「ソフィア、その子を引き取るつもり?」

 レティーシアの声を聞き、フローラは俺の顔を見つめる。


「ええ、そうよ」

 皆の、もの言いたげな顔、ああ、言いたいことはわかる。


 今回の戦いで孤児になった子供は多い。

 戦災孤児という奴だ。


 賢ぶる奴は、こう言うだろう、「一人を助けても意味が無い、それは、偽善だ」と……。


 意味がない? 偽善? とは何だ!


 そもそも論点がズレている。

 そんな批判は、愚痴ばかり言う、何もしない怠け者のセリフ。


 俺を慕う子供がいる。

 その子は、親を亡くし、助けを求めている。


 ただそれだけだ、いきなり世界を語る必要はない。


 だから、答えは、これしかない!


「この子は、私が育てるわ、そして幸せにしてみせる」

 フローラの小さな肩に手を回し、俺に引き寄せた。

 彼女は、俺に身体を預ける。


 軽いはずの幼子が、重く感じられた。

 でも暖かい彼女の体温が伝わってくる。


「ソフィアが決めたことなら何も言わないわ、でも……」

「大丈夫よ!」

 レティーシアの心配も最もだ。


 俺の周りにはアレが多い。それは、残念な方の、アレだ……。


 チビは、ケモ耳ロリ巨乳で可愛いが、そう! 可愛いが頭の方は子犬だし……。


 ジャンヌは、性格は騎士の脳筋……、その上、皆は知らないが、紐のような水着を着ても恥ずかしいとは思わない、貞操観念の持主。

 彼女に任せると破廉恥な子に育ちそう。それに、剣の稽古も厳しくするに違いない。


 そんなのダメダメ!


 そもそも、子供に戦闘スキルを学ばせる気なんて無い。


 アホだろ、そんなの?


 幸せになってくれれば、それで良い。


 だったら、あいつを呼び出すか……。


「大丈夫よ、この娘に、子育てを手伝って貰うから」

 詠唱もせず出現した魔法陣から、一人のメイド姿の美少女が現れた。


「あの〜、どちら様ですか?」

 皆が唖然とする中、レティーシアが代表して問いかける。


「私は、メイド長のメアリーですっ、よろしくお願いします」

 肩書きの割に、軽い口調だが、手本の様な素晴らしいお辞儀を彼女はした。

 そう、この娘こそ、レア度SRにして、唯一、人気ランキングベスト五十入りの、メイド長、お転婆娘のメアリーちゃんだ。


 きっと子育てを助けてくれる違いない。


 メイド長とは、最高の肩書きではないか!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます