第95話 炎の物語 後編

 剣の名は初耳だが、【ミノタウロスの剛力】は知っている。

 少々厄介な前衛職のスキル、二つある効果は筋力上昇と……。


 トレイニー、奴の身体がでかく見える。

 物凄い、圧力、のんびり考えてる暇は無い。


 トレイニーは肩を突き出しタックルの要領で突っ込んで来る。


 杖を両手で前に出し、意識をそこへ集中する。


 トレイニーの左肩がそこへ。


 衝撃音、両手が痺れた。

 簡易とはいえ、俺の張った障壁が、たった一撃で砕け散った。


 これだ、二つ目の効果はシールド無効化、地上編では、魔王のシールドですら無効にする。


 トレイニーは、肩をぶつけたまま俺を押す。

 その力に、俺は踏み止まることが出来ず、地面を削りながら後ろに下がる。


 さらに、奴が、下段に構えているであろう剣は、突き出された肩を中心とした巨体に阻まれ確認できない。


 首筋に悪寒!

 これは、殺気だ!


 トレイニーの力押しが終わった。

 奴は、下段から突き上げるように剣を振るう。


 それを杖で迎え撃つ。

 杖が押される!

「くっ」

 さらに、衝突時に感じた痛みで声が出る。

 奴の与ダメが、俺の物防を僅かに上回った。


天罰ネーメス】という名の剣の力か……、しかし、魔法攻撃等の付加効果無し?


 トレイニーは、そのまま俺の杖を押しながら、剣を右手に持ち替え、余った方で拳を作る。


「警戒し過ぎだ、エルフのお姫様」


 杖の力を抜く、後は、振り下ろされる拳を躱して……?!


「やってくれたわね」

「力比べに持ち込めば、俺の勝ちだ」

 トレイニーの奴は、拳を解き、俺の右手首を掴み、剣を投げ捨てた。


「流石、トレイニー様だ」

「俺たちの勝ちだ」

 帝国軍の僅かな生き残りの声。


 こいつら、カサカサとしぶといな……。


「観念しろ、エルフの姫君」

 そして、奴は作った拳をゆっくりと動かし、俺の顔の前で止めた。


 あ! なんかイライラする!


 ガブッ!

 あらやだ、固いし、不味い!


「うぇ! コイツ、噛みやがった!」

 トレイニーは、拳を下げた。


 ぺっ、ぺっ、くそ、

「何すんのよ、変態!」

「それは、こっちのセリフだ!」

 トレイニーが、俺の顔面に拳を振り下ろす。

 衝撃が身体を突き抜ける。

 背後の地面が余波で砕ける。


 流石は【ミノタウロスの剛力】、魔王の障壁を無効にし攻撃を当てる事が出来るスキルだけはある。


 しかし、斧を装備するか、せめて格闘用の武器を装備して欲しかった。


 非常に残念だ。


「額で俺の拳を防ぐだと……」

 トレイニーの頬を汗が伝わり、その雫が落ちた。

 俺は、可愛らしくニッコリと笑う。


「女の子を殴るなんて酷いのね、トレインさん」

「トレイニーだ! ……まさか俺と力比べだと」

 掴まれた右手首を返し、奴の左手首を掴む、左手の杖は天に放り投げる。


 奴の身体を引っ張り、膝をつかせる。

 残念だが、あんたとはレベルが違いすぎる。


「一つ聞いて、いいかしら? なぜ、街を燃やしたの?」

 左手で拳を作り、奴の顔の前で止める。

 噛んだらダメだぞ!


「囮りだよ、俺たちが、王都西部を蹂躙すれば、交易都市は戦力を割かざるおえまい……」

 そう答えると両膝をついたトレインは、天を仰ぎ叫ぶ、

「我を加護するミノタウロスよ、我の呼びかけ応じ、真の力を解放せよ、我は汝の真名を告げる、アステリオス、雷光の化身よ、汝をさらせ!」

 空高きところから、奴の脳天を目掛け雷が落ちる。

 閃光が辺りを支配し、視力を奪う。


 奴の先程の問いの答えが脳内に響く。

 そして、怒りが込み上げる!


 囮りだとぉ!


 そんな手間を掛けなくても、お前らは、十分に勝機があったはずだ!


 腕に伝わる奴の反抗の力が格段に大きくなった。

 奥の手というところか……、ゲームで言えば奴の所持するスキルが【ミノタウロスの剛力+++プラサン】になったということか……、だから何だ!


「そんな馬鹿な」

 奴は筋肉が肥大し一回り大きくなっていた、身体からはパチパチと放電もしているが、姿勢は何も変わらない。


「残念ね、力比べもあなたの負けね」

 左の拳を大きく引く、流石に観念したのか奴は涙目だ。


「待て! 待って下さい」

 振り下ろした拳で、奴は砕け散った。


 言っただろ、蹂躙するって……。


 それにしても、所詮は地上編のスキル、上方補正してもゴミスキルだった。


 指揮官を失った軍は完全に崩壊した。

 チビにメッセージを飛ばす。


 すぐにフェンリルが顕現した。

 青白い炎を纏う、巨大な白き獣、神々ですら恐れを抱いた、それに帝国兵は、絶望し、完全に敗北した。


 捕虜はいらない、今、欲しいのは完全な勝利、それだけだ。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます