第94話 炎の物語 前編

【蹂躙の炎】が戦場を燃やす。


 帝国兵を燃やし、その余熱で草花が燃えた。


 彼らは苦悶に満ちた表情で悶え苦しみ、やがて真っ黒に焦げた肢体をさらし、炎に、その身を沈めていく。


 トレイニーとは違う声が聞こえる。

「方陣を組め! 炎をやり過ごし、反撃をするぞ!」

 生き残りの士官が軍の統率を取り戻そうと躍起になっていた。


 その精神力は素晴らしいと賞賛しよう。


「助けて……」

 足元から帝国兵の呻き声、迷わず杖で止めを刺した。


「貴様、それでも人か! 化物め!」

 先程の士官が声を荒げる。


 いや、エルフって、お前ら、言ってたじゃん……。


 負の感情が込められた視線が多数、

 どうやら、炎が渦巻き、人々の絶叫が支配する、この戦場に、数百人単位の方陣が、完成しつつあるようだ。


 つくづく尊敬に値する……。


 嬉しくて笑みがこぼれた。


「軍式攻撃魔法、小隊詠唱、三式で唱えよ!」

 士官の号令で、新たに形成された集団から急激な魔力の高まりを感じた。それに好奇心が無いわけでは無いが……。


「それは、もう良いわ、【ハイフレイム】」

 冷めた目で、火属性中級単体攻撃魔法を集団の中心に向け放つ。


 単体といえど、威力は、おそらく、こいつらの言うところの殲滅魔法程度はある。

【ハイフレイム】は中心に着弾し、周囲の兵士達を巻き込み、弾けるように爆発した。


 数十人の命が、赤い血の輝きと、肉片を撒き散らしながら、その生涯を終えた。


 爆発が収まった戦場に、兵達の悲痛な叫びが聞こえた。


「うわぁ、俺の腕が、腕が……」

 必死にもげた腕を、自らの胴体に付け直そうと狂乱する者。


「おい、なんで、お前が……」

 仲間がかばった事で命を救われた者。

 彼は、恩人の死体……長い髪、柔らかな身体の線、息をしない若い女性を抱きしめ絶叫していた。


「そんな、障壁を展開していたはず……」

「それを、無詠唱だなんて」

「本物の化物だ」

「邪悪な姫君の再来だ」

 生き残った兵士達は、手負いの仲間を残し、蜘蛛の子を散らすように逃げ出した。


 彼らの心も、ついに限界を迎えたようだ。


 俺は、地獄の戦場を、ゆっくりと、一歩、一歩、前に進む。


「み、見逃してくれ、私には家族がいる……」

 恐怖で腰を抜かした士官が、涙を流し、命乞いをしてきた。


 そんな事は、最初から、

「知ってるわ」

 蔑むように彼を見つめ、左手を士官に向ける。


 彼は腰を抜かしたまま小刻みに体を震わせ、尻を引きずり、後ずさり、

「ひっ、や、やめて……」

 かすれた声で訴える。


 今さらだ……。

 卑怯な奴……。


 俺は、【空気弾エアショット】を放ち、彼の頭蓋を潰した。


 そんな事は、最初から知っている。

 人は、何も無いところから湧いて増えたのではない。


 親から子は生まれ、その子が成長し、誰かと愛し合い、また子を授かり、それが延々と連鎖し、命は繋がり、増えるのだ。


 そんな事は、当たり前だ。

 誰だって知っている。


 帝国軍、彼らは、よく訓練された、優秀な兵士の集団だ。

 この戦争には、彼らなりの大義があるのだろう。

 もしかしたら、大切な者の為に、戦っているのかもしれない。


 そんなものは、俺の怒りを鎮める理由にはならない。


 逃げ惑う兵士に【ハイフレイム】を連弾で放つ。

「一人も逃さないわ!」


 彼らは、戦う手段の無い住人を殺戮し、街に炎を放ち蹂躙したのだ。


「あなた達は許さない!」

 俺の感情に共鳴して、数万本の火柱が天を貫く。


 自らの意思で戦争に参加したのなら、その覚悟はしていたはずだ。


 だから、決して、手は抜かない、慈悲もかけない。

 敵を見逃すことは、愚かな行為だと本能が、すでに知っていた。


 手を抜けば、大切な、何かが危険にさらされる。


 帝国に、いや世界に教えてやらねばならない。

 俺を殺さない限り、俺から大切なものを奪えないという事を。


 知り合いを守るだけでは足りない。


 母を殺された、あの女の子のような悲劇を防ぎたい。

 世界を守りたい。


 どんなに、それが馬鹿げた理想でも、諦めない!

 俺が、その悲劇を生み出していてもだ。


 覚悟を持って、力を行使し、戦争を終わらして見せる。


「やってくれたな、エルフの化物、いや、邪悪な姫君、ソフィア・アルムヘイム」

 トレイニーは、この惨状の中、無傷だった。


 アルムヘイム? 勝手に人の名前を増やさないでほしい。


「あら、元気そうで嬉しいわ」

 俺の返事に奴は、魔力を漲らせ身体強化を始めた。

 地面が悲鳴をあげた。奴の周りの空間が乱れ、小石が浮く。


「俺の授かった加護の名を教えてやる【ミノタウロスの剛力】、そして愛刀の名は【天罰ネーメス】だ。その身をもって味わえ!」

 トレイニーは、高らかに宣言し、一気に距離を詰めてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます