第85話 騎士姫

 天空の魔法陣から一人の少女のシルエット。


 稲光と共に、文字が脳裏に刻まれる。


 聖ミカエルが加護を与えし聖人、

 オルレアンの麗しの乙女、

 聖なる殉教者にして、神のしもべ


 ド派手な演出は、今、この他にいる者全てが体験したようで、

「聖人??」

「神のしもべ?」

 などの声が聞こえる。


 地上に降ろされた光の中から、騎士姿の少女が現れた。

 凛とした空気を漂わせ、透き通る声で、

「我が名はジャンヌ、大天使ミカエル様の声を聞きし者」

 堂々と言い切った。


「さあ、我を呼び覚まし者よ、何なりと命じよ」

「あの女を殺せ、我がしもべ!」

 帝国の間者は、威勢良く、俺を指差す。


 あのジャンヌ、ステカン、現凸、フルスキル!


「あれは、エルフか……、銀髪に、イフリートの加護だとぉ!」

 ジャンヌは、騎士のくせに、名乗り合わず、突然、俺に剣を振りかざす。


 彼女を見た瞬間、準備していたヘルメスの杖が悲鳴をあげる。

「折れたら弁償して貰うわよ」

 彼女を力一杯、弾き返し、【フライ】で上空に退避する。

 彼女も当然、地上を離れた。


「貴様だけは、許さんっっ!」

 彼女は何故か激おこモード。

「そいつの四肢を切り裂け、ジャンヌ!」

 地上からは、間者が吠える。


「天界の神々に、聖ミカエルの祝福を受けし、我ジャンヌが願いたてまつる、我に無限の剣と、その全てに、聖なる祝福を!」

 詠唱物理! 最大火力の必殺技!


 くそ、いきなりかよ!


 現出した無数の刃が彼女を取り囲むように宙に浮く。

 彼女が向ける切っ先に、それらは全て標的を定めた。


 聖なる祝福を帯び、神々しく輝く数多の剣に、思わず畏れを抱く。


「滅せよ、無限聖剣アンフィニティセイン

 彼女が命に、全てが従い向かってくる。


 衝撃が天を覆い、閃光が視界を奪う。

 連撃数はゲーム中最大を誇り、効果範囲も広い、優秀な固有物理攻撃技【無限聖剣アンフィニティセイン】が発動した。


 余波が地上を襲い、皆を守る為、シルフィードが結界を張った。

「くっ、何よ、この威力」

 彼女の声が震えるも、地上を余波からしっかりと守る。


「見よ、これが帝国の力だ! 次は、お前らに味あわせてやる!」

 間者が益々勢いづいた。


 閃光で痺れた視界が晴れ、俺の姿が夜空に浮かぶ。

 彼女の全てを受けきり、高らかに宣言する。


「ジャンヌ、貴方じゃ、私に勝てない、降参するなら、今よ!」

 デュエル一位、舐めんなっ!


 サシの勝負で、俺に勝てる奴なんていない!


 彼女を見たとき、魔防転換で、物防の基礎値を上げていた。

 彼女は、伝説級なのに、全く魔法が使えない稀なキャラ、使いどころを間違えば、命取りになる戦術も、彼女には、有効だ。

 それでも、補正値を無視する【無限聖剣アンフィニティセイン】は驚異だが、今の彼女には、仲間がいない。

 彼女の物攻は高くない。


 無傷で彼女の最大を受け切った。


「き、貴様だけは絶対に許さない!」

 彼女の足が僅かに震えた。

 その隙に背後に回る。


 殺気を帯びたジャンヌの剣が反応し俺に迫る。

 流石に勘は良いようだ。

 それでも、難なくかわし、飛び蹴りを彼女に決める。


「くっ」

 彼女の悲鳴。


 また、別の固有スキルを発動されたら流石に厄介なので、


 続けざまにかかと落としで、ジャンヌを地上に叩きつけ、馬乗りでボコボコに……、


「や、やめろ、ま、参った、うげっ」

「今さら、遅いのよ」

 ジャンヌは強い、彼女を好んで使うプレイヤーも多く人気キャラだ。

 しかしデュエルでは、百位止まりで五十位の壁は越えることは出来ない、それでも、伝説級では優秀な性能とも言えるが……。


「う、うえーん」

 あっ、泣いちゃった、ちょっと可哀想なので手を止める。


 そんな彼女の真骨頂はパーティ戦だ。

 優秀な固有スキルを数多く所持するジャンヌだが、現凸してもステは低い。だから、仲間のバフを必要とする。


 しっかりバフで強化すれば、神話級とも充分張り合える優秀さ、ちょっと扱いが面倒で難しいが、多くの人が彼女を支持し愛用した。


 一人では、実力を発揮できない。

 仲間を得れば、その強さは、目を見張る。


 彼女の敗因は、単騎で召喚されたこと。

 相変わらず、帝国は下手くそだ。


 ジャンヌが可哀想になり自由にしてやる。


 ヒック、ヒックと泣きながら、

「悔しくなんかないんだからね」

 と彼女は強がった。


「ま、待て、や、やめろ」

 間者の方は、ワンパンで片が付いた。


 南部の兵士が駆け寄ってくる、後は彼らに任せよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます