第76話 商館の窓辺

 南部の商人たちは、大陸全土に蔓草つるくさのように広がり交易を、更には、大海を超え、新たな地でも、それを成す。


 彼らはたくましくもあり、強い。


 沖には五隻の軍船が、川の流れに沿うように、一列に並んでいる。

 軍船には五本の帆柱が立ち並び、両舷には砲門を格納するハッチがいくつも確認できた。


 交易都市、その大河の船着場は、近年、稀に見ない賑わいを見せている。


 南北から、荷船がひっきりなしに行き交う。それは、まるで、南部と北部の意地の張り合いのようだった。


 そして、今まさに、桟橋に停泊しようと、荷船が、深く船体を沈ませ、帆先にくくりつけられた赤い旗を風になびかせ進んでいる。


「あれは何かしら?」

 俺は、商館の窓辺から見下ろし、今日も、そこから、船を指差す。


「船ね」

「ふねーっ」

 クララはドヤ顔で胸をはり、チビは白銀の尾を激しく振る。


「じゃ、あれは?」

「小さい船よ!」

「ふねーっ!」

 クララは、当然とばかりに胸をはり、チビは大喜びだ。

 何が嬉しいんだ? コイツ……。


「じゃ、あれは?」

「ち、小さい船よ!」

「ふねーっ!!」

 クララは、何故か言葉に詰まるが、強気に胸をはり、仰け反る。そのまま、ブリッジする勢いだが、身体がブルブルして、目に涙を溜めている。


 馬鹿だなコイツ……。


 チビは、ランランと目を輝かせて、俺を見ているが……だめだ、子守は、飽きた……。


 窓にのの字を書いてみる。

 これが、大人の仕草というものだ、学べ、ガキ共と自分に感動していると、


 船着場が一段と騒がしくなる。

 桟橋に着いた、南部の荷船の準備が整ったようだ。

 そこに、アリのように人が群がる。ここ、数日続く見飽きた光景が、また、はじまる。


 相変わらず、沖の軍船は、等間隔に停泊したまま動きは無い。


 五本の帆柱と、それを支えるロープが織りなす海賊船のような姿は、俺の興味をそそるが、

「あれじゃ、飾りね」

 と動く気配のない船に思わず不満を漏らしてしまう。


「散歩に行くわよ」

 もう我慢ならんと呟いた一言に、

「行く行くっ!!」

 チビは大喜びで白銀の尾をフリフリし、両手を上げて、ヤッホー、ヤッター! 散歩だワンと飛び跳ね、豊かな胸を大きく揺らす。


 その、ケモ耳、ロリ巨乳ぷりは、益々、破壊力を増していた。

 ああ、もお、抱きしめたい!


「ソフィ、外に出たらダメよ」

 めっ! とクララは、ご立腹な様子だが、相変わらず仰け反ったままで、両腕を回しバランスを取るのに必死になっている。


 いいぞ! 頑張れ!! イェーイ、レッツ、リンボー!!


 それを、横目に、俺は、腕の中のチビのモフモフを楽しむ。

 彼女は、早く散歩に行きたいらしく、ムムムーッともがくが、ギュギュギューッとして逃すまいと力を込める。


「あなた達は、外に出ない方が良いじゃない?」

 シルフィードが忠告してくる。

「そ……」

 クララは、ついに倒れたようで、後頭部を抱え床に伏す。


 彼女達は、難民が広めた噂を気にしているらしい。


「いつまでも部屋の中じゃ、腐っちゃうわ」

 チビを腕から解き放つ。


「ご主人、散歩に連れてってっっ」

 チビは、白銀の尾をブンブンと振る。


 情けないことに、もう三日も南部の商館から出ていないのだ。


 くそっ!


 ホントに腐っちゃうぞ!

 ホントだぞ!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます