第四章 炎の物語

第71話 王国侵攻軍

 王都にそびえる城、その謁見の間に、手勢を従えた一人の男が入ろうとしていた。


 黒を基調とした帝国の軍服に身を包み、真紅のマントをなびかせた男は、片手を上げ、扉を守る兵士に挨拶をする。


 兵達は、緊張から硬くなり、ぎこちない敬礼をした後、扉を開ける準備に取り掛かった。


「面倒な扉だな、後で、壊すか……」

 太く低い声で男が呟くと、兵達は怯え慌てはじめた。


 巨大な両開きの扉を、四人の兵士が二手に分かれ必死に押している。

 壮麗な石の扉は、ギッギッと悲鳴を上げながら、ゆっくりと開かれた。


 扉から真っ直ぐと敷かれた絨毯の両脇に、帝国の将官達が立ち並ぶ。


 赤いマントの男は、その中を堂々と歩き、奥にある、将官達が立つ床よりも高い場所へと石段を登り、王城の主人あるじが座るべき空席の玉座を目指した。


 男は、そこへと腰を下ろし、後から付いて来た副官が両脇に立つ。


「いちいち面倒だな、これは、必要なのか?」

 男は、肘掛に身体を預け姿勢を崩し、手に顎を置くと、ため息を吐いた。


「閣下、堪えて下さい、王国侵攻軍は、この度、新しく新設された軍、このような儀式も必要かと」

 痩せた男が玉座の左側から、身を屈め耳打ちをする。


「カニング、もう、良い」

 玉座の男は、わずらわしそうに手を振り、カニングを下がらせる。


「兵とは、力を示せば付いてくる、そういうものだ」

 男は、玉座からゆっくりと腰を浮かし、威風堂々と立ち上がる。


「この度、王都侵攻軍を率いることになった、レイダーだ! 俺に従うか、さもなくば、死ね! 以上だ!」

 レイダーは、再び玉座に腰を落とし、姿勢だらしなく崩す。


「はははは、閣下らしい挨拶ですな」

 玉座の右手の立つ男は、筋肉質の武に秀でている印象、左手のカニングとは対照的な容姿をしていた。


「ふん、ギディオン、カニング、後は、勝手に進めろ」


「はっ、承知いたしました」

 両脇の二人は、姿勢を正し、行事を進めていく。


 皇帝からの書簡をギディオンが読み上げ、一通りの儀礼が完了し、結団式が終了する。


 レイダーは、その間、欠伸をするなど、不遜な態度を崩さない。

 その事に、謁見の間に集う、将官達の中には、眉をひそめる者もいた。


「続いて軍議をとり行う、はじめに……」

 カニングが淡々とした口調を、遮ったのは、レイダーだった。


「その前に、言いたい事がある奴は、述べよ、聞いてやる」

 レイダーの言葉に、将官達は、お互いの顔色を伺う。


 一人の青年将官が、列から離れ、意見した。

「あなたの態度は、陛下に対する敬意を感じられず総司令官に相応しくない、態度を改めて下さい!」


「それだけか?」


 青年は、レイダーの返事にキョトンしている。


「そうか、なら、他に、意見ある奴は、いないか?」

 レイダーは、席を外し、石段を降り青年の方へと歩いていく。


「儂も、態度を改めてもらいたい」

 王都攻略の責任者だった老人が列を離れ、青年の脇に立つ。


「ふん、王都の制圧は、大変だったらしいな、その労はねぎらってやろう」

 レイダーは、嫌味な笑みを浮かべた。


「なんだその態度は、失礼に程があるぞ!」

 最初に意見した、青年の周りに、さらに数人が集まった。


「ふん、五人か、意外に少ないな。他に意見がある奴は、今のうちに述べよ! 今なら、聞いてやる!」


「閣下、時間がありません、お戯れは程々にして下さい!」

 カニングは、冷たく、ゆっくりと言い放つ。


「カニング、そう急かすな、直ぐに、終わらせる」

 レイダーは、最初に意見をした、青年の肩に手を置く。

 青年は、獰猛どうもうな笑みをたたえたレイダーを見て怯え、身体を震わせていた。


「わ、わたしは、た、ただ……」

「心配するな、意見は聞いてやる」


「あ、ありがとうござい……えっ?」

 青年は、手刀を作ったレイダーに困惑し、首が胴体から離れた。


「俺の返事は、死ねだ!」


 青年の胴体は、未だ立ったままだ、周りに集まっていた者達が、悲鳴を上げ慌てはじめる。


「き、貴様、なんてことを……」

 王都攻略責任者だった老人が、剣を構え、レイダーと相対しようとする。


 首無しの胴体が、倒れながら、真っ赤な血を噴き出し撒き散らす。


 その間にも、レイダーが手刀で空を切るたびに、悲鳴を上げ逃げる将官達を真っ二つにしていく。


 一人、二人、三人……


 老人は、キンと鋭い音を出し、レイダーの手刀が創り出した見えない刃を、弾く。間髪おかず、彼はレイダーとの距離を詰める。


「面倒な奴だ……」

 レイダーは、無防備な姿勢で迎え撃つ。

 彼が、大きく動いた気配は無い。

 それでも、突進していた老人は、自らの身体が、腹を境に上下に離れたのを、認識し困惑した。


「な、なんで……」

 宙に浮く上半身が呻く、ついに、老人の剣が、レイダーに届く事は無かった。


「すまんな、手刀はサービスだったんだぜ」

 床に転がった上半身を蹴飛ばすと、身をひるがえし玉座へと戻っていく。


 レイダーは腰を下ろそうとした時、言い忘れた事が過ぎり、眼下に居並ぶ将官達に、再び宣言した。


「名前は、レイダー、王国侵攻軍、総司令官に任じられた男だ。皆は、俺に従うか、さもなくば、死ね! そして、この言葉を、その胸に深く刻め!」

 やれやれとレイダーは、玉座に腰を降ろすと、服に付いた血を、手でこすり乾かす。


「閣下、進めてよろしいですか?」

 カニングは、冷めた目つきで、謁見の間に広がる死体を見つめていた。


「相変わらずの奴だ、まずは、死体を片付けてからだ」


「畏まりました、閣下。まずは、閣下が殺した死体を片付けろ! これで、よろしいですか?」

 痩せた男は、座っているカニングを見下した。


「お前、一回殺すぞ!」

「閣下、ご冗談は、やめて下さい」


 二人が、会話している間に、慌てて入って兵達が、謁見の間に散らばった死体を片付け、床に溜まった血を拭き取っていく。


「閣下、軍議を進めてよろしいですか?」

「勝手にしろ」


 冷淡なカニングの声に導かれ、王国侵攻の軍議が進んでいく。


 最初の目標は、大陸経済の要で交通の要所である交易都市だ。

 そして、その都市の全てを、焼き尽くせというのが、皇帝の勅命だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます