第55話 鳩

 執務机に腰掛ける伯爵は、執事の報告を興味なさそうに聞いていた。


 執事が言うには、大金貨五枚を支払い、例の件を依頼した傭兵達が消息を絶ったという事だ。


 交易都市を騒がせた噂も合わせて報告された。


 交易都市の西方の空が燃え、一時、帝国が攻めてきたと、町は大騒ぎだったということだ。


 この類の噂は、後を絶たない、くだらない……


 しかし、もともと傭兵には期待していなかったが、情報すら持ってこないとは、


 期待外れにも程がある。


 文を書き、執事に渡す。


 心得たとばかりに、部屋を出て行く執事を見てから、立ち上がり立派な腰高の飾り台を蹴飛ばした。

 飾られていた花瓶が落ち、絨毯を汚す。


「くだらん!」

 床の花を踏みにじり、伯爵は呻いた。


 部屋を出た執事は、屋敷の窓際で伯爵から預かった文を筒に入れ鳩に託した。


 鳩は西を目指し羽ばたいた。





 一羽の鳩が、木の枝に止まり羽を休めていた。

 しばらくすると、鳩は地上に降り、地面をついばみながらトコトコと歩きはじめた。


 鳥は、なぜ、地上を歩く時、首を前後に動かすのか?


 ペコペコと謝罪しながら、なぜ歩くのだ。


 あの首の動きを止めたら、どうなるのだろうか?


 次々と疑問が湧き出てくる。


 それは、幼い頃からの疑問だ。


 その疑問は、未だにとけない……。


 ヤプー先生に聞いておけば良かった……。



 俺が高尚な生命の神秘に想いを馳せ始めた頃、


 ようやく現れたエドワードは素っ気ない。


「待たせてしまったな」

 悪気のない顔だ。


 ジークフリードは、チビの頭を撫でながら、

「似合ってるぞ」

 とフリフリのドレスを褒めている。


 余った手で、クララの頭も撫で、彼女も目を細めて嬉しそうだ。


 それよりも、

「夏は、日差しが強いわね」

 麦わら帽子を手で抑えながら、皆に向け話し掛けた。


 シルフィードは、腹を抱えながら、そっぽを向き表情を見せない。


 レティーシアが、肩に手を置いてきた。


 彼女の憐れみが伝わってくる。


 ちゃんとした挨拶が出来ないエドワードには、俺ですら、憐れみを覚えた。


「ねぇ、日差しが強いわね」

 しっかりと帽子を抑え、もう一度チャンスをやろうと、優しい俺は、語り掛ける。


 エドワードは、何やら左右を見た後、衝撃の一言を発した。


「今日は曇っているぞ、熱でもあるんじゃないのか」

 エドワード、やりおるわ、お主……。


 クリティカルをくらった俺は、ワナワナと震えながら帽子をずらし表情を隠した。


 くっそ〜っ!


 太陽の、ばぁ〜か、死んじゃえ!


 シルフィードは、悪いものでも食べたのだろうか、腹を抱えながら座り込んで、痙攣している。


 盲腸かもしれない……、


 彼女が心配だ……。




 何より、一番、心配なのは、エドワードだ!



 仲間が新装備をしていたら、そこに、話題を振るのは当然の礼儀だ。


 そんなことでは、誰も、パーティ組んでくれなくなるぞ。


 俺は口を尖らせ、麦わらの隙間からエドワードを見つめ憐れんだ。


「ソフィアの麦わら、可愛いわね」

 もう見ていられないと、レティーシアが手本を見せてくれた。


 これが、正しい挨拶だ。


 待たせたとか、悪かったとか、どうでも良い事だ。


「そうだな、似合ってるぞ」

 ようやく、エドワードが挨拶した。


 もう、遅えよ!


「男二人で何してたの?」

 お前ら、あれか? あれなのか?


「あぁ、色々とな……」

 エドワードは、気まずそうな返事をし、


 ジークフリードは、クララにべったりして、妹を堪能しており役に立ちそうにない。


 そういえば、こいつら昨日の晩も、二人で何処かに出掛けていた。


 この町は賑わっているので、普通なら、夢を膨らませた男達が集う店に向かうはずだが……、


 男達が集う店……、


 男達が集うだとぉ〜。


 やだっ、俺の頭、もしかして腐ってる……、耳が赤くなり、地面を見つめた。


「後で、落ち着いたら、ちゃんと話す、それまでは……」

 話ながら、エドワードは、ジークフリードを見つめた。


 えっ、え〜っ!


「話たく無かったら、話さなくても良いわよ、あの、その……、別に良いわよ、あなた達の自由だし、うん、うん、自由、自由、好きにしなさいっ」

 俺が来てから、邪魔してばかりだったかもしれない、ごめんな……。


 トントンと肩を叩く、レティーシアも同意してくれている。


 彼女なら、きっと、エドワードとジークフリードの関係について、たっぷりと語り合えるかもしれない……。


 でへへ……、


 あれっ、シルフィードの息が苦しそうだ。


「シルフィード、大丈夫?」

 俺は、丸くなり座り込んでいるシルフィードの背中をさすってやる。


 彼女は、肩を激しく動かし苦しそうだ。


 きっと、彼女も、エドワード達の関係に気づいたのだろう。


 ジークフリードを大切にしていた彼女には、ショックだったに違いない。


「夜になったら、レティーシアと私とで、飲み明かしましょう」


「……!」

 シルフィードは直ぐに返事をしない。


 仕方がない、遠慮はしなくて良いぞ!


「私たちと、楽しく飲みましょっ!」

 女子会しようぜ!


「それは、嫌、絶対に嫌よ!」

 彼女は、突然、真顔になり断った。


 えっ!なんでっ!


「体の調子、良くなったの?」

「ええ、もう、大丈夫よ」

 シルフィードは、すっかり元気そうだ。


 良かった!


 なら、朝まで、ガンガンいけるねっ!


 遠慮するシルフィードを誘おうとしたら、邪魔をされた。


「これから、行きたい所がある、着いてきてくれ」

 充電完了のジークフリードが、行き先も告げずに同意を求めてきた。


 先程の鳩が飛び立つのが見えた。


「早く行きましょっ、ジーク」

 シルフィードは、ジークフリードの腕に絡まり楽しそうだ。


 飲み会については、レティーシアを交え、後でゆっくり話し合うとしよう。


「良いわよ」

 俺も、どうせ暇なので、快く同意した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます