第49話 銀髪の魔法使い

「兄ちゃん、早く剣を捨てな」

 傭兵団の頭は、エドワードに苛立ちを抑え催促した。


 その内に、中々動き出さない事に異常を感じたシルフィードが馬車から外に降りてきた。

 薄い生地のドレスは、豊満な身体を惜しげも無くさらす上、隙間から覗かせる白い肌は、男達の欲情をどうしても誘ってしまう。


 その姿に傭兵達は生唾をゴクリと飲む。


 さらに、見目麗しい少女が次々と姿に現すので、ついに、騒ぎ出し、卑猥な歓声が次々と上がった。


 それが、より一層エドワードを奮い立たせた。


「こういう時こそ……、そうだろジーク」

 エドワードは、馬車での会話を思い出し、剣を握りなおすと皆を守ろうと周囲を威圧する。

 しかし、勝利を確信し、欲情している傭兵達には、もはや、それは届かない。

 股間を熱くし我慢しきれなくなった者達が、一人、二人と馬車の方へと迫っていく。


 ジークフリードは、その騒ぎの最中、

「これは【束縛の陣】かな?」

 と一歩も動かない足に力を入れピクッと筋肉を動かして見せた。


 【束縛の陣】、腕の立つ犯罪者を拘束する為に考案された、複数人で行使する、魔法の術式の一つだ。

 その効果は、とても絶大で、僅かな魔力で絶対的な拘束力を発揮する、とても優秀な魔法術式だ。


「ほう、博識じゃないか。益々、気にいらねぇなぁ」

 頭の表情は厳しくなり、鋭い眼光でジークフリードを睨む。【束縛の陣】、効果は優秀だが、誰も使うものがいない、忘れらた術式でもある。


「君の努力には感心するよ。こんな寸分の狂いも許さない発動自体が困難な忘れられた術式を、こうして実現させて見せたのだから……、いや、それだけ、私が迂闊だったのか」


「謙遜はよせ、俺の頭脳と運がてめえより優っていた、それを認めろ」

 頭は、ジークフリードの足元を見た。そこには、魔法陣が埋められている。頭は、そこへ彼を誘導し、正確に配置した術者が術を発動させた。


「努力は認めるが、足止めしただけで、それはないな」

 ジークフリードは、輝くような笑みで肩をすぼませ、頭は顔を真っ赤にする。


「きゃはははは……」

 突然、馬車の側で女の一人が、狂ったように笑いだした。

 町娘のような服装で、その金髪の少女は、その場でクルクルと回り、背の低い同じ髪色の幼女に覆い被さる。


「冷静を失ったか……、連れの女の方が、状況を分かってるぜ」

 頭はボソリと呟き、

「テメェら、金髪には、手を出すなよ!」

 と叫んで傭兵達に念のため指示を出す。依頼主からは、金髪の少女を無傷で連れて来いと言われていたからだ。


「頭、それは無いぜぇ」

「もう、我慢できねぇ」

 性欲でいっぱいの傭兵達から不平がでる。

「他は、好きにしな」

 半ば、呆れたように、頭が口にする。


「彼女達には、手をだすな!」

 ジークフリードの空気が変わる。


 傭兵はその様子にニヤリと舌舐めずりをした。

「心配するな、お前より、上手く、俺たちが面倒を見てやる」

 そして、剣の腹を、ジークフリードの首にジワリと押し当てた。


「おい、あれ、見ろよ」

 一人の傭兵の声に皆が注目をする。

 馬車の出口に銀髪の少女が立っていた。

 細い手足、白い肌、端正で美しい顔立ち、彼女の清純さと高貴さは、男の征服欲と性欲を満たすのには、格好の餌食だ。


 彼女は、先に降りた女性が手を貸すのを断り、大胆にも、飛び降りた。膝丈のスカートがふわりと広がり、白く細い脚の付け根が、見え隠れする。


 夜の姿を想像した者達が、野次を飛ばしはじめた。


 銀髪の少女は、それに驚いたのか、脚は産まれたての子鹿のように小刻みに震え、溢れる感情を抑えた為か、ヒックとしゃっくりをし、眼に涙を溜めている。


「まさか、酒を……、彼女達には手をだすな、特に銀髪の娘は駄目だ」

 ジークフリードは懇願した。


「おい聞いたか、銀髪は、こいつの女らしい、俺が、一番に貰うぞ!」

 当然、勘違いした頭が、声高に宣言し、

「お前の目の前で、じっくりと時間をかけて銀髪を犯してやる。その時は、楽しみな」

 頭は、ジークフリードの股間を掴み持ち上げた。

「ぐっ」

 彼は、堪らず苦悶の声を出し、頭はそれを喜んだ。


「早く銀髪を連れてこい、それから……」

 指図するまでもなく、幾人かが、銀髪に襲い掛かる。


「ぐお」

「ぐへ」

 数名が弾き飛ばされ、

「大人しくしやが……」

 最後の一名は、身体が炎に包まれ絶命した。


 彼女が詠唱した素振りは無い。

「ヒック、何よこれ! あんた達、みんな、燃やすわよ!」

 ふらふらとした足取りで仁王立だが、突つけば直ぐに倒れそう。


「あの銀髪まさか……、ドラゴンを葬ったという噂の魔法使い……、いや、そんなはずは無い」

「おい、銀髪は、放っておけ!」

「そうは、いかねぇ、あれは俺のものにする」

 頭は、部下に顎で指示を出し、

「油断するなよ」

 と言葉を添え、銀髪の少女に、槍を構えた傭兵を向かわせる。


「無傷で連れて来ますぜ、頭」

 と槍の傭兵は意気揚々と銀髪の方に駆け出した。


 槍で襲い掛かった傭兵に、銀髪の少女は、何処から取り出したのか、装飾の施された杖で応戦する。


 傭兵達は、誰もが、折れた杖と、地に伏す少女の姿を思い浮かべた。


 そうなるべきだったのだ。


 現実は、槍を簡単にへし折られ、銀髪を襲った傭兵は、防ぐ間も無く、不自然な姿勢のまま、勢い良く、吹き飛ばされた。


「噂は、本当なのか……」

 頭が思わず言葉を漏らす。


「ちっ、ソフィは、皆殺しする気だ……」

 ジークフリードは、【束縛の陣】が解ける瞬間をうかがう。


「たかが、女一人に怯むな! あんな強化は長くは持たない、容赦無く、そいつは殺せ!」

 頭は、激を飛ばし、

「心配するな、魔法使い対策も、俺達は抜かりない」

 首元から、鎖の付いた石を取り出し、ジークフリードに見せた。それは、初級魔術なら無効化できる、結界石。


「流石に、全員は、持ってねえが、十人いれば、充分だろ?」

 傭兵の自信満々の姿に、ジークフリードは、大きく落胆した。


「魔法使いを殺せ! そして、無残な死体を、こいつに晒せ!!」

 傭兵の頭は、その姿に勢い取り戻していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます