第43話 旅立ちの物語

 エドワードは、旅の途中で倒れ、クララは、悲しみのあまり号泣する、様々な困難を乗り越え、俺たちは、古代樹の森を攻略する事に成功した。


 それは、今まで、誰もなし得なかった偉業だ。


 町に戻れば、盛大な歓迎が待っていると思っていたが、やはり、世の中は、そんなに甘くなく、


「相変わらず静かな町ね……」

 と思わず愚痴をこぼしてしまう。

 別にチヤホヤされたい訳ではなかったが……。


 さらにだ、


 ギルドに顔を出すと、


「報酬の準備に時間が掛かるから、日が沈んでから来てくださいっ!」

 と厳しい受付のリサが、ビシッととても冷たかった。


 グスン……


 きっと、まだ扉の修理が終わっていないから、イライラしていたのだろう。


 さらに、あちこちに桶が置いてあり、雨漏りも酷そうだったので、


 ざまぁ〜みろだ。


「じゃぁ、夜、また来るから、報酬は、弾んで頂戴ね」

 あっかんべ〜をしながら、彼女と別れた。


 その後、


 町の中心部の公園で、噴水に腰掛け、時間を潰している。


 木立に囲まれた緑豊かな公園だが、

 人影が少なく、ここも、少し寂しく感じられた。


 レナード達と出番の全く無かった戦士と剣士は、森を抜け、町へと通ずる平原に出た所で別れ、アンアン姉弟きょうだいは、何故か、こちらに付いて来てしまっている。


 おかげで、ここの景色が騒がしい。


 目の前では、腰に杖を差した黒ローブ姿の少年少女が、エドワードを相手に、奇声を発しながら組手をしているからだ。


 彼の腕は、やはり確かで、アンアン姉弟きょうだいのトリッキーな軽い身のこなしを、軽々といなし、その身に触れさせない。


 ついに、姉のアンナが、痺れを切らし、エドワードから離れ距離をとった。


「師匠!私のを見てください!」

 と何故かこちらを向き、口を尖らせ叫ぶと、助走を付け見事な飛び蹴りと共に可愛いを披露した。


 うっわ〜、あの娘、完全に道を誤ったな……。


 当然、エドワードは、それを簡単にかわしている。


 あんな大技、当たる訳ないよな……、いったい、あの娘は何を目指しているのだ?


 それにしても、エドワードの顔が、一瞬、にやけたような気がした。


 ……、まさか、お前……、いや、駄目だ、いけない……それは、犯罪だぞ!


 彼が道を誤らないように、弟君、アンソニーが拳を突き出すタイミングに合わせ、こっそり、エドワードの足元に魔力を飛ばしてやった。


 一瞬、彼は、それにつまずき、バランスを崩すも、弟君の拳は届かない。


 ちっ、しくじったか……


 エドワードは、チラリとこちらを睨み、その隙を見逃さない姉のアンナが、すかさず蹴りを繰り出した。


 そして、再び、惜しげも無くパンツを見せびらかしている。


 また空振りだ……。

 はぁ〜、と大きくため息を漏らし、顔を両手で覆う。


 誰だ! この娘の道を誤らせたのは!



「あらあら、暇そうね、もう少し上手にしないと、嫌われちゃうわよ」

 買物から戻って来たシルフィードが、ふわりと横に飛んで来た。


 ギルドを訪問した後、彼女は、ジークフリード達と一緒に、俺たちとは、別行動をしていたのだ。


「あら、レティーシアとチビは?」

「彼女達とは、途中で別れたわ」

「そうなの……」

 まあ、チビが一緒なら心配ないか……何かあれば、メッセージでチビが、直接、俺に知らせてくるだろう。


「それにしても、まだ、してたのね」

「ええ、飽きないわね……」

 たくっ、組手の何処がそんなに面白いのか……。


「暇そうね! ソフィア!」

 いつになくうるさいクララは、どうだと言わんばかりに胸を張り強調している。


「どうしたの、それ……」

 そんな馬鹿な! あのクララの胸が、存在を主張するだとぉ!


 ありえん!


 責任者、出てこい!


 馬鹿兄のジークフリードを、ジロリと睨むと、彼は目を逸らし、何処か遠くを見つめている。


 ついに、邪教の軍門に下ったか! クララ!


「立派になったのね、クララちゃん」

 彼女の胸に手を伸ばした。


 悪しき偶像は、破壊しなければならない!


「きゃっ、な、何するのよっ!」

 彼女は、両手を交差させ胸を覆い隠し、膨らみを守るのに必死だ。


「良いじゃない、別に、痛いことはしないわっ!」

「い、嫌ですぅ!」

「ちょっと、だけよっ!」

「駄目ですぅ!」

「触るだけだからっ! 揉まないからっ!」

「いっ、嫌ですぅ! 絶対に、嫌ですぅ!!」

 不自然な胸の膨らみを隠す、彼女の両腕を押し退け、その頭上で片手を使い固定した。


 さぁ、その、偽物のおっぱいを、クララの為に砕いてやる!


 邪教の力を借りてはいけない!


「やめてっ……」

 クララは口をギュッと結び、瞳を潤ませ、赤く染まった顔をそむけた。


「心配しないで、痛くしないわ……」

 胸の膨らみへと手をもみもみしながら……


「ソフィア、何をしているの!」

 レティーシアの声だ。


 ゴン、


「痛い!」

 突然の事に、頭を手で隠した。


 まさか、レティーシアが?


「お前は、何をしている!」

 振り返ると、エドワードがいた。


 その間に、クララは、テテテッとジークフリードの方へ逃げる途中、よほど、慌てていたのだろう、つまずいて、ドテッとこけている。


「ちょっと、何、するのよ!馬鹿っ!」

 後少しで、クララを邪教の手から救えたのにっ!


「馬鹿は、お前だ!」

「そうよ、ソフィア、クララが可哀相だわ!」

 エドワードとレティーシアが、同時に非難してくる。


 レティーシアは、腰に手を当て、激おこモードだ。


「でも……」

「でもじゃないわ! ちゃんと、クララに謝りなさい!」

 彼女は、ジークフリードの影に隠れたクララを指差した。


 それでも、


「だって、クララったら、パットで作った胸を自慢してきたから……」

 それでも、俺の方が大きかった筈だ! ホントだぞ!


「仕様がないでしょ、クララちゃんは無いんだからっ!」

 レティーシアが、怒りで身体を揺らす度、本物のおっぱいが自己主張する。


 そんな彼女に、持たざる者の気持ちが分かる筈がない!


「で、でも……」

「もうっ! クララのおっぱいは無いのよ! よく聞きなさいっ、クララのおっぱいは無いの! な、い、のよ! だから、早く、謝りなさい!」

 彼女は、プンプンとおっぱいを揺らし、凄い剣幕だ……。


「なんか、ごめんね……」

 その後、すぐ、クララに謝罪した。


「ええ、もういいわ……」

 真っ白な灰となったクララは、呆然とした表情で、倒れた拍子で潰れたパットを元の形に整えようとしていた。


「クララ、ソフィアを許してあげてね」

 クララは、彼女の背丈に合わせる為、前屈みになったレティーシアを見つめた後、目に涙をいっぱい溜めて、俺を見た。


 レティーシアの深い谷間を見てしまったか……。


「本当に、ごめんなさい」

 俺は、レティーシアの頭を軽く叩いた。


 勘違いした彼女は、


「クララ、今回の事は事にして、仲直りねっ」

 と笑顔で、止めを刺し満足げだ。


「私だって、あるのよっ!」

 クララは、最後の力を振り絞り、今生の別れを告げた後、固まって石になった。


 彼女は、再び戻って来れるのだろうか?


 まぁ、ここは、馬鹿兄貴ジークフリードに任せておけば大丈夫か……


 噴水の方に戻ると、シルフィードと話をしていたエドワードが何やら、物言いだけな様子で、こちらを見てくる。


「放っておいて、済まなかったな」

「えっ、何のこと?」

 いきなり謝罪してきたエドワードに、その理由を尋ねた。


「その、なんだ、ずっと子供達の相手をしていたからな」

 ああ、アンアン姉弟きょうだいと組手をしていた事か……。


「別に良いわよ、でも、あなたが子供好きとは思わなかったわ」

 ちょっと引いたぞ! 程々にしとけよ!


「まぁ、どっちかと言えば好きな方だが、彼女達は上達が早く見込みがある」

 げっ、エドワードは、子供が好きだと堂々と宣言し、その上、アンナの事をえらく気に入ったと言っている。


 それは、勝手だが、


 ここは、やはり叱っておかねばなるまい。


「ちょっとは、気を使いなさいっ!」

 やばいぞ、お前! 「俺はロリで、十二のアンナが気に入った!」とか、もうちょっと周りを気にしないと、捕まるぞ!


 興奮した為、体温が上昇し、顔が火照って熱く感じる。


「わかった、これからは、ちゃんと気を使おう」

 彼も理解してくれたようで、顔を赤くしながら、俺の頭をなで、褒めてくれた。


 言われる前に、自分で気付けよ!


 それでも、素直に忠告を聞いてくれた、彼に、笑顔で返事した。


 マジで、気をつけろよ!


「し、師匠、ごめんなさい」

 被害者のアンナが、もじもじとお下げを揺らし、上目遣いで俺を見つめている。


「あなたは、悪くないのよ」

 悪いのは、のエドワードなんだよ。


 アンナをしっかりと胸にギュッと抱きしめた。


「そろそろ、良いかしら?」

 面白い事でもあったのか、シルフィードは、ニヤニヤと楽しそうだ。


「ソフィア、頑張るのよ」

 彼女は、両腕を曲げ、励ましてくるが、何を頑張れというのだろうか?


 クララのおっぱいの事だろうか?


 それとも、エドワードの性癖の事だろうか?


 デリケートな問題なので、返事に困り、口をパクパクとさせていると、


「そろそろ、ギルドに行こうと思うのだけど、どうかしら?」

 彼女は、それを無視して、次の行動を皆に促した。


 たしかに、空は赤く染まり始め、一日の終わりもそろそろだ。


 でも、クララは固まり、それをほぐす為、ジークフリードは、必死だし、


 エドワードはニヤニヤしながら、俺の頭を、まだ、ポンポンと撫でている。


「コレ、蹴飛ばして良いわよ」

 エドワードを指差し、アンナに指示を出した。


「師匠、良いのですか?」

 アンナは、本当に? と首を傾げたが、しっかりと構え、やる気充分だ。


「良いわよ」

 俺の号令と共に、エイッと彼女は、エドワードの尻を蹴飛ばした。


 その蹴りで、我に返ったエドワードは、


「済まない」

 と言い、何故か嬉しそうに、俺の頭を撫でるのをやめた。


 こいつ、そう言えば、エム属性だったけ。


 エム属性のロリにとって、アンナの一撃は……


 エドワードをジト目で、ジッと見つめた。


「本当に、済まない」

 彼は、ますます嬉しそうだ。


 この、変態め!


 クララの回復を待ち、その後、アンアン姉弟きょうだいと別れ、廃墟の冒険者ギルドにやって来た。


 なんと、ギルドに行くと、廃墟に行けという貼り紙があったからだ。


 もしかして、報酬が払えず、夜逃げしたのかもしれない。


 それなら、昼間の受付嬢、リサの態度も頷ける。


 よほど切羽詰まっていたのだろう。


 ただ、目の前の看板は一つになり、「移転しました」の方は無くなっている。


 その上、庭の手入れは、行き届いていないが、入り口までの道は、しつがりと刈り込まれ、石畳が姿を現した。

 建物は以前と変わらぬ、年季を感じさせる洋館だが、明かりが灯り、人の気配を感じさせる。


 どうやら、ここに居るらしい……、


 両脇に手すりの付いた、広い階段を数段上り、入り口に手を掛ける。


 見覚えのある丁寧な装飾が施された重厚な扉、


 俺が、仮登録の時に、壊した、あの扉だ!


 移転先の建物では、浮いていた扉も、この建物には、しっくりきている。


 扉を引いて……


 引いて……開かない……


「そこは、押して開けろ」

 エドワードは、呆れ顔で扉に手を掛けた。


 えっ、でも、玄関って、引いて開けるものだろ?


 キョトンとしていると、


「たくっ、常識を知らん奴だ……」

 と言いながら、彼が力を込めると、扉は、簡単に内側に開いた。


「さぁ、行くぞ!」

 エドワードは、半身で腕を中に差し出し、促した。


 先を譲るとは、殊勝な心掛けだ。


 入り口の正面には、立派なカウンターがあり、その奥で、リサは立ち上がり、深くお辞儀をしている。


 一歩入ると、両脇に大勢の人の気配を感じた。


 受付カウンターへ、一歩、一歩、近づくにつれ、周りの様子がはっきりと理解できた。


 どうやら、この建物のギルドには、ちゃんとした酒場があり、その席は、今は、全て客で埋まっているらしい。


 ただ気になるのは、絡んでくる酔っ払いがいないという事だ……。


 絡んで来いよ! 酔っ払い!


 てか、飲んでる奴、居無くねぇ?


 カウンターの前で、エドワードとジークフリードに促され、そこで、立ち止まる。


「お待ちしておりました、皆様の事は、レナード様より、伺っております」

 リサは、ここまで言うと、息を大きく吸い込んだ。


「古代樹の森の攻略成功、おめでとうございます!」

 彼女は、ゆっくりと大きな声で、俺達にでは無く、周りにいる者達に聞こえるように話したようだった。


 その証拠に、リサの言葉を合図に、一斉に乱れる事なく、両脇のテーブルから音が響く。


 ドン!(一回目)

 空のジョッキをテーブルに叩きつける音だ!


 ドン!(二回目)

 テーブルの天板は、厚い丈夫な木で出来ており、ジョッキに載せられた、屈強な男達の、その力任せな勢いをしっかりと受け止めている!


 ドン!(三回目)

 一糸乱れず、ジョッキは、同時にテーブルに叩きつけられる!


 ドン!(四回目)

 四回、連続して叩かれ、音は止んだ。


「エドワード、ジークフリード、シルフィード、クララ、レティーシア、ソフィア、チビ、ギルドの依頼を受け、成し遂げた、この七名に、ニーベルン西部辺境伯より報酬が与えられる!」


 ドン!ドン!ドン!ドン!


 リサの呼び掛けに、酒場が再び応えている。


「エドワード、偉業を成し遂げし者達を率いるものよ!」


 ドン!ドン!ドン!ドン!


「報酬は、いかがする!」


 ドン!


 ジョッキを叩く音が一回だけ鳴り、静寂が場を支配する。


 えっ!報酬って自由に使えないの?

 エドワードを横目で見る。


「報酬は、全て、去りし者、集いし者、今日の為に、全て使う!」


 え〜!


 そんな勝手に、何を言い出すんだよ、エドワード!


 この見栄っ張りの変態野郎!


 当然、酒場からは、


 ドン!ドン!ドン!ドン!

 と言う音が響いた後、大歓声だ!


「さぁ、みんな、今日は、エドワード達の奢りよ!倒れるまで、飲んで頂戴!」

 リサも、飲め飲めと音頭をとっている。


 くそっ!


 こいつら、タダ酒、目当てか!


「あと、此方の、ソフィアさんは、個人報酬、全て、このギルドの為に、使うそうよ!」

 さらに、彼女が余計な事を言うので、


「凄えぞ、姉ちゃん!」

「こっちで、一緒に、飲もうぜ!」

「胸は小さいが、心はでかいな!」

 と人気急上昇だ!

 あと、最後の奴は、見つけ次第、丸焼きにして、つまみにしてやる!


「さぁ、こちらへどうぞ」

 リサに誘われ、受付に近いテーブルに揃って腰掛けた。


「ねぇ、報酬、貰えないの?」

「そんな事ないわ、まぁ、あれね、大きな依頼を成功した時の、お祭りみたいなものよ、

 どうせ使えきれないわ」

 リサの返答に、良かったと頷いていると、


「ソフィアさんは無いわよ、攻略報酬も、個人報酬も、全て、このギルドでつかうわ」

 意地悪な笑みを浮かべ、リサは挑発してきた。


「別に良いわよ、今までも、おかねは持ってないし……」

 欲しいなら、欲しいだけくれてやる!


 カネなんて、いつでも稼げる。


 しばらくすると、エドワードは、席を立ち移動した。


 そして、どうやら、初日に失礼な事を言った男達と話をしているようだ。


 配られたジョッキに、口をつけ、酒を飲む。


 酒が、身体の中で、熱く広がるのを感じた。


「あら?やっぱり気になるの?」

 シルフィードの声が聞こえる。


「別に……」

 上の空で返事しながら見るエドワード達は、何を話したのか、肩を叩き合い、仲が良さそうだ。


「素直じゃないと」

 シルフィードが言うと、


「嫌われるわよ」

 もう一人、シルフィードの隣のシルフィードが話した。


「きゃっ、シルフィードがふたり」

 分身の術とはやってくれる……交互に、二人の指差しながら、


「きゃっ、さんにんめ!」

 更に、彼女達は増えていく……


「この娘、もう、酔っ払ってる……」

 心配そうな彼女の胸が大きいので、


「ちょっと揉ませなさいっ!」

 彼女の胸に、手を伸ばす。


「ダメ!」


 伸ばした手は、何者かに叩かれ勢い失った。


「ちょっと、邪魔しないでっ!」

 誰だ叩いた奴は!


 更に、腕は引っ張られ、手は、暖かく柔らかい場所にたどり着いた。


「ソフィア、私ので、我慢しなさいっ!」

 どうやら、隣のレティーシアが犯人らしい。


「あら、レティーシアも酔っ払ってるの!」

 素っ頓狂な、シルフィードの声が響く。


 レティーシアの胸は、シルフィード程、大きくないが、弾力が若々しくて、癖になりそうだ。


「レティーシア、大好きっ」

 彼女に抱きつき、甘い香りを嗅ぎながら、深い眠りについた。



 ◇◆◇◆◇◆◇



「おい! いい加減、起きろ!」

 エドワードに、肩を揺さぶられ目を覚ます。


「いつまで、寝ている気だ!」

 彼の声が、頭に刺さる……これが、二日酔い?そんなに、酒を飲んだっけ?


「出発するわよ」

 シルフィードも声を掛けてくれた。


「レティーシア、おはよう!」

 なぜか、レティーシアは、顔を赤くしながら、距離をとる。


「クララ……」

 クララに至っては、凄い勢いだ!


 確かに、レティーシアの胸は、揉んだ記憶があるが、クララには、何もしていない筈だ。


「何も、覚えてないのね」

 シルフィードは、ジト目で、俺を見ている。


 俺は、無実だ!


「さて、その話は、道中するとしよう」

 ジークフリードが、糾弾すると宣言した。


 くそっ!


 ついに、決着をつける時がきたのか?


 起き上がり、席を立ち、ギルドの出口の方へと歩きだす。


 いつみても、重厚な扉だ。


 その扉を引くと、外の景色が現れた。


 今日も、快晴で、朝日が眩しい。


 一歩、踏み出すと、その陽射しの中に入り、俺達の旅は、はじまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます