第42話 闇

 待ち人の気配を感じ、闇は歓喜と共に目を覚ました。


 やっと、この時が来た。


 退屈でつまらない、強者の存在しない世界。

 戦う為に創造された闇にとって、ここは、死の世界に等しかった。


 それでも、唯一、古代樹のふもとは、座するだけで強くなれるので、気に入っていた。


 そう、ここは、力が勝手に、我が身に集まって来るのだ!


 数日前、感じた強大な魔力の広がり、

 その時、あるじが側に来ていると感じ、


 確信した。


「今ならあるじを超えられる」


 ああ、やっとこの時が来たのだ。



 たかぶる感情を抑え、闇は、眼を光らせ遠くを見つめた。

 どうやらあるじは、パーティとやらを組んでいるらしい。


 膨れ上がった闇にとっては、彼らは、矮小なとるに足らない存在、あのあるじですらも……そう、見えた。


 なぜ、あの様な小さき存在に従っていたのか、今となっては分からない。


 ああ、強くなり過ぎてしまった……


 巨体を動かすのが億劫になり、良い案を思いついた。


 この地に、縛られた者達を使うとしよう。


 万の軍勢を呼び覚ます為、闇は再び眼をとじ、地の底に語り掛け始めた。


 自らが、出向くまでもない……。


 つまらぬ世界だ……。


 あるじよ!




 森を抜けると、ハッキリと古代樹の幹を捉える事が出来た。

 空高くそびえる、その幹は、巨大過ぎて、近いのか、遠いのか、距離を測る事が出来ない。


 古代樹のふもとから広がる黒い大地は、大きくうねり、波打っている。


 エドワードは、道中、倒れ、彼によれば生死の境を彷徨っていたらしいが、今は、【妖精の加護】の効果で元気を取り戻しつつあった。


 加護が無ければ、あの時……、いやはや、冒険とは恐ろしいものだ。


「師匠のパンチ凄いですねっ」

 さっきからずっと、アンアン姉弟きょうだいの姉(名前、何だったけ?)が話し掛けてくる。


 シュッ、シュッとしながら腕を突き出す姿は、まるでシャドーボクシングのようだった。


 彼女のボディブローが空気を貫き天を突き上げたところで、


「師匠のパンチを教えて下さいっ」

 とお下げを揺らし嘆願してきた。


 杖を持ち、黒ローブを着た、少女を見ながら、


 この娘は、何を目指しているのだろうかと思い、


 シャドーボクシングをする際、ローブの隙間から覗いた、小さな膨らみの細かい揺れを確認してホッとした。


「私は、あなたの師匠になるつもりは無いのよ」

 ごめんねと謝ると、彼女は素知らぬ顔で、


「別に良いですよ、私は、ソフィアさんの事を、師匠と呼ぶ事に決めただけです!」

 と答えると、シュッ、シュッとジャブを連続で放ち始めた。


「それは、誰にも文句は言わせません!」

 最後に、彼女は右ストレートを豪快に決め、締めくくった。


 どうやら、決意は固いようだ。


「でもね……」

 話を途中でやめ、物言いたげな彼女の顔を手のひらで制止した。


 大地から、陰鬱な気が、ゆらゆらと湧き出すのを感じたからだ。


「気をつけろ!」

 ジークフリードは、大剣を構え、男性陣は、女性を守る形で陣形を組んだ。


 全く、甲斐甲斐しい奴らだ。


 地面から、無数の腕が突き出し、何者かが次々と這い出てきた。


 その内の一体が、勢い良く、こちらに向かって来る。


 そいつは、エドワードとぶつかり、激しい交戦を繰り広げ始めた。


 彼は、何故か、本調子で無いらしく、苦戦している。


「まったく、仕様が無いわね!」

 慌てて、助太刀に行くが、ジークフリードの方が、一歩早く、そして、彼が仕留めた。


「すまない……」

 エドワードは、申し訳なさそうに、剣を握りなおす。


「気にするな」

 今しがた、倒した死体を、ジークフリードは、観察している。


「そうよ、感謝しなさい」

 エドワードを励ます為、彼の背中を叩き、鼓舞した。


 その時、何故か、彼は、異常な程、ビクッと身体を強張らせ、睨んできた。


 エドワードのくせに生意気だ。


「まるで、腐ったエルフだな……」

 死体を観察していたジークフリードが、ポツリと呟いた。


 確かに、その死体は、手足が長く、細身で千切れ尖った耳を持ち、腐ってはいるが、生前の美しさを感じさせる。


 腐っている……


 表現に疑問を感じた、丁度その時、死体の手足がピクリと動きだした。


 素早く、エドワードが剣を振るい、死体の首を切り離した。すると、死体は、細かい砂になり、風にさらわれて消えていく。


「気を抜くな! これからだ!」

 エドワードは、俺の頭をポンと叩くと、こちらに向かってくる腐ったエルフ達に立ち向かっていく。


「エルフのアンデッドとは厄介だな……」

 ジークフリードは、エドワードの後を追う、


 レナードと、その連れ二人の男達も、しっかりと前線で対応しているようだ。


 ただ、腐ったエルフの動きは、素早く、なかなか一撃で仕留めるとは、いかないようだが……。


「チビ!少し本気を出しなさいっ!」


「ご主人、叫ばなくても、聞こえるよっ」

 チビは、メッセージを直接、頭に飛ばしてきた。


 そう言えば、そういうのも、あったな……



 フェンリルの化身チビは、ドレス姿のまま、腐ったエルフの集団に飛び込んだ。


 彼女が、体当たりするだけで、腐ったエルフはどんどん消えていく。ケモ耳、ロリ巨乳、強いぞ!


 その姿に、仲間達は、口を開け魅入り、戦う事をすっかり忘れている。


「あの娘、何者なの?」

「フェンリルの化身、チビよ」

 側にきた、シルフィードに、お前も、働けよと思いながら返事した。


「それは、本当なの……でも、フェンリルは、神に逆らって殺された筈よ」

「いいえ、フェンリルは生きているわ」

 だって、チビは、フェンリルだから、仕様が無いじゃん、


 あと、


 フェンリルは、己の自由の為に、権力者・・・と戦った、誇り高き獣た!



 チビが駆け抜けるだけで、腐ったエルフは消えて、道が出来ていく。


 それでも、


 遠くにせり上がった大地にも、びっしりと腐ったエルフが確認できた。


「きりが無いわね……」

「それじゃ、そろそろ、私も、参加しようかしら」

 俺の呟きに、シルフィードは、風をまといはじめ、やる気をだしたようた。


 でも、


「いいえ、私が仕留めるわ」

 得意の火属性魔法で、一気に燃やし、殲滅してやる!

 杖を掲げ、魔力を練り始めた。


「あらあら、つれないわね」

 彼女は、はぁ〜と溜息を吐き出し、その豊満な胸をプルンと揺らした。


 その様子に、トレント達の願いを思いだす。



 火属性なんて、使ったら、古代樹に止めを刺してしまうかもしれない。



 ダメだ、ダメだ、それは、いけない……、だって、俺のおっぱいが……、

 いや、違う、違うてっば、古代樹の森が滅んでしまうからだ。


 そう、おっぱいなんて関係ないぞ……、

 関係ないんだからねっ!


「あら? 詠唱しないの?」

 発動を途中でやめた俺を、シルフィードは不思議そうに眺めている。


 この局面をどう乗り切るべきか?


 う〜ん、


 火属性以外で、アンデッドに有効な魔法は……、

【ターンアンデッド】ぐらいか……、

 はぁ〜、光属性は、得意じゃ無いんだよなぁ〜


「師匠!」

「ソフィアさん!」

「ソフィア!」

 女性達が心配して、声を掛けてくれる。


「やっぱり、私が……」

「いいえ、私がやります!」

 シルフィードの力は、借りない!


「あなた、いくつ?」

 アンアン姉弟きょうだいのアンナだったかな?に唐突に声をかけた。


「えっ? 今年で、十二になりますけど……」

 それがどうしたの? と彼女はお下げを揺らす。


 そう、その年で、それなら、立派なもの持っていると言って良いだろう。


 なら、


「クララ、あなたの願い、叶えるわ!」

 と絶壁のクララに、彼女は十五だ、もう未来はない……に、微笑みかけた。


「私の願いって?」

 クララは、理解していないようだ、古代樹の素晴らしい効能を!


「あなたも、おっぱいを持てるのよ」

「なっ、なっ、ちゃんとあるわよっ!」

 うんうん、クララ、クララよ! 見栄をはるな!


 見苦しいぞ!


 ポカポカと身体を叩いてくる、クララを無視し、全魔力を絞りだす勢いで、唱えた。


「哀れな魂に、安らかな眠りを【ターンアンデッド】!」

 掲げた杖を中心に、容赦ない光が、辺り一帯を襲い、包み込む。


 しばらくして、アンデッドとは、思えないほど大きな叫び声が響き、光は落ち着き、辺りは、平穏を取り戻しだ。


「さぁ行くわよ、古代樹のふもとへ」

「ちゃんとあるわよっ!」

 クララは、胸の辺りの服を掴み強調した。


 そこに何が、あるというのだろうか、残念だ……。


「ソフィア、君は、いったい何をした?」

 エドワードは、景色を眺め呆然としている。


「ただの【ターンアンデッド】よ」

 ごめんね!光属性は不得意なんだよ!


「【ターンアンデッド】で、地形が変わるものなのか?」

「えっ!」

 彼の言う通り、辺りの景色は、変貌していた。


 うねった大地は、真っ平らだ。

 そう、まるで、クララの胸のように……。


「どこ、見てるのよ、ソフィアのバカ、バカバカッ!」

 俺の身体をクララは、再びポカポカと叩いてくる。


 彼女は嬉しさのあまり興奮しているようだ。古代樹が蘇れば、きっと彼女の胸も……、彼女も気づいたのだろう!


 あと少しの辛抱だぞクララ!


「ちょっと、力の加減、間違っちゃった、ごめんねっ!」

 クララの思いを身体で受け止めながら、皆に謝罪した。


「別に、謝る必要は無いのだが……」

 確かに!


「さぁ、細かい事は、気にしないで、早く行きましょっ」

「気にするわよっ!」

 クララも、古代樹に期待しているようで、俺にべったりと付いて来る。


 見渡しの良くなった大地を、彼女にポカポカと励ましてもらいながら古代樹へと向かった。


 あと少しだ!


 古代樹のふもとには、巨大なドラゴンがいた。


「これが……トレント達の言っていた化け物……」

 ジークフリードは、呟くと身体を強張らせている。


「しかしでかいな……」

 エドワードは、顔を上げ、その声は震えていた。


 そうだろう、当然だ!


 今、目の前にいるのは、この世界の生き物では、決して敵わぬ存在【バハムート】なのだから。


「なんで、こいつは、倒れているのよ」

 シルフィードは、蔑みを込めた視線を、バハムートに向けている。


「ええ、そうね……」

 俺は、返事をしながら、腹を出し、仰向けに倒れているコイツを見つめた。


「おお! あるじよ、やっと、来たか!」

 仰向けのまま、バハムートは威厳を出そうと必死だ。


「我の力を知り、ひざまずけ、我があるじよ」

 そう叫ぶと、バハムートは、仰向けのまま、か細いブレスを天に放った。


 どうやら、肉で喉が塞がり、口が思うように開かないらしい……。


 それでも、上空の雲も、古代樹の枝も、大きく傷つき、そのブレスに敬意を払い、ポッカリと道を開けている。


 とりあえず、


「話は、後で聞くから、起きなさいっ!」

 コンと横腹を蹴飛ばしてやった。


 バハムートは、グォッと喘き、

あるじなど、このままで十分」

 と強がっている。


 ふん、もはや、自分では満足に動く事もできないとは、


「太り過ぎよっ! バカムート!」

 少し助走をつけ、バハムートを遠キックで、天高く舞い上げた。


 ほら見ろ、みんな、デブなお前をみて、呆れているじゃないか……。


 エドワード、ジークフリード、レティーシア、皆、口を開き、太ったお前を笑っているぞ!


 きっと、


「何あれ、課金してドラゴンガチャの当たりを引いて、あんな、デブしか育てられないなんて、バカなの、バカなんですか?」


 とか思ってるんだぞ! 恥、かかせやがってぇっ!


 重力に任せ、自由落下してくる、バカムートを、もう一度、天高く蹴り上げる。


「飛ぶ事も出来ないなんて、仕置きよ!」

 なんて、ざまだっ!

 俺が蹴り上げる度に、皆は、首を上下に揺らし、うんうんと肯定してくれている。


「仕置きよ!」


 バカムートが、泣いて謝るまで、仕置きは続いた、その間、皆は、ポカーンと無言で頷き、その行為を容認してくれた。


 バカムートを説教し、彼には、新しい古代樹の守護獣になるように、誓わせた。


「人を襲ったら駄目よ! 良いわね!」

「承知しました!」

 うんうん、良い返事だ。


「あと、ダイエットしなさい! 今度、来た時、その姿だったら……」

「しょっ、承知しました!」

 バカムートは、ビクビクと小動物のように、身体を震わせている。


 さて、後は、古代樹だが……


 力任せで放った光属性の【ターンアンデッド】の影響で、古代樹は、息を吹き返し始めたようだ。


 うんうん、予想通りだ……。


 そうなると……、


「ソ、ソフィアのバカッ!」

 俺の目線から胸を隠し、クララは泣き始めた。


 今、確認したが、彼女は無いままだった……


 あれほど、はしゃいでいた彼女には、耐えられない結果だ。


 やばい、俺も泣けてきた……、


 自らの胸にそっと手を当て、涙を流す俺の姿に、


「これで、トレントの願いが叶ったわね」

「ありがとう、ソフィア、これで……」

 とレティーシア、エドワードが、語り掛けてきた。


 最後に、これだけは言っておかねばなるまい。


 俺のおっぱいは小さい訳ではない、JIS規格では普通より大きい筈だ、ただ、ISO規格では標準より、少し、そう少しだけ小さいだけ……なのだ。


 こうして、俺とクララの夢は砕け、古代樹の攻略は成功した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます