第17話 イージスの盾

 右側から、二刀流の男が迫ってくる。


 鋭い剣撃、避けるのは無理と見て片腕を出し防ぐ。少しだけ、衝撃が伝わり顔が歪む。このまま、連撃されては堪らない、二刀流の男へ掌底を放つ。

 反撃は、難なくかわされ、代わりに短剣が首元を襲う。


 ゴン!


 少女の細い首から発したとは思えない鈍い音が響き渡る。


 後ろにジャンプしながら距離をとり、首をさわる。

 切れてはないが、少しヤバかった。


 こいつら、存外に強い!


「ゲール、何やってんだい! しっかりしな!」

 空中から全体を見下しているアンジェラは、余裕の表情で二刀流の男を怒鳴りつけた。こいつ、【フライ】が使えるのか?


「姉さん、そりゃないぜ」

 ゲールは、両手を広げ天を仰いだ。


 今だ! 舐められたもんだ。


「ハイフレイム!」

 火属性中級単体攻撃魔法を、相手に向け一斉・・に放つ!


 無数に放った高熱の炎は目標に到達する前に、途中で軌道を曲げ、的外れの一箇所に集中していく。


 くそ! また、あれか……。


 炎の塊は、巨大な盾に命中し空気を派手に震わせながら、辺りに衝撃を撒き散らす。

「詠唱無しで、手が痺れるとは、侮れん」

 盾の持ち主が、無愛想な表情で俺を睨む。


「もうっ! あなた、さっきから邪魔なのよっ!」

 攻撃魔法を何度も放つが、その度に、何故も軌道を曲げ、こいつに向かっていく、中級も防ぐなんて、もううんざりだ。


 少し風向きが悪い。

 てこを入れをしなければ……。


 アイテムボックスから杖を呼び出す。

 こいつで形成逆転だ。


 ヘルメスの杖【カドゥケウス】、杖の頭に二枚の白羽が装飾されたこの杖は、女性に、いや、女性キャラには大人気の杖で、もちろん、付加効果もある優れもの。それで、魔法の威力増大と詠唱時間の短縮をする。


「ゴリさん、助かったぜ!」

 巨大な盾の持ち主に礼を述べ、再び、二刀流のゲールが向かってくる。


 俺は、杖に魔力を込め、それが発動する直前、


「アンダンテ・モルト・カルマート! お嬢ちゃん、黙ってなさい!」

 アンジェラが、離れた場所から、指揮棒のような杖を振り、魔法を掛けてきた。


 それで、俺の魔法が妨害され、さらに身体の動きが鈍くなる。


 魔法が封じられると、接近戦しかない。


 アンジェラのデバフで身体は、思うように動けないが、ゲールが繰り出す二刀の乱撃を杖で受け流し、今度は身体にヒットさせない。


「デット! トドメを刺しな!」

 アンジェラの声が響き、屈強な男が、俺とゲールの打ち合いに割って入り、その巨大な大剣を頭上から振りかざす。


 やばい! もう一人いた事を、この瞬間まで失念していた。


 だが、当然、左腕で、その大剣を受け止める。どうせ、たいしたダメは、入らない筈だ。


「くっ……」

 少女の苦悶と、デットと呼ばれた屈強な男の驚愕が交錯する。


 腕には、剣が深々と刺さり、そこから血が滴り落ち始めていた。


 強烈な痛みが思考を奪う。

 大剣使いのデットは、生身で防がれたショックを隠せていなかった。


 それでも、痛みに耐える俺の隙を見逃さない。

 容赦無い連携で、デットとゲールが襲い掛かってきた!


 痛みで思考が鈍く、もっと深刻なのは、身体が思うように動かない。もう一撃くらう覚悟を決め、それに耐えるため目を閉じた。


 だが、俺の身体に、彼らの剣はとどかない。


「ぐわっ!」

 男達の呻き声が聞こえ、フワッと優しい風が、俺の身体を包み込む。


「ご主人、弱くなったの?」

 恐怖に負け閉じた目を、再び開いたその先には、白い毛並みと、長い尾が、とても美しい少女が毅然と立っていた。


「チビ、遅そい」

 今のは、かなり危なかった……。

 血が流れてるせいか、HPがガンガン減っていくのを感じる。

 それに連れ、ステがマイナス補正されているようだ……、ゲームなら、血も出ないし、ゼロになるまで元気一杯で動けるのに……。


「情けないなぁ、早く治療して、ご主人っ」

 チビが心底呆れている。

 ホント、情けない……。

 すぐに【ヒール】を唱え、治療する。

 傷口は、塞がるが、HPは、ほとんど回復しない……、ちっ、この世界は、そういう仕様か……。


「姉さん、変なのが出てきたぜ!」

 ゲールは、二刀を構え、低い姿勢になった。


「獣人? 変なのが出てきたわね、でも、リテヌート!」

 アンジェラは、チビにも、魔法を掛けた。


「かわいいワンちゃん、あなたにも、死んでもらうわ」

 指揮者は、杖をタクトのように操り仲間達にも、魔法を掛けていく。


「殺す? 私達を? チビ! 言ってやって!」

 もう、お前らに、勝ち目ない!


「君たち、調子乗っちゃだめ! ご主人はね……」

 そうだ、チビ言ってやれ! ゴーゴー!


「泣き虫なんだぞ! だから、虐めちゃ、め!」

 おい! 違うだろ!


「あははは、私達は、いじめっ子の悪者なのね」

 ほら見ろ! アンジェラが愉快そうに笑っている。


「でもね、悪いのは、その娘と王国の姫君よ! エルフの最後の姫君、戻って早々、悪いけど、あなたは先に消えて頂戴!」

 その言葉を合図に動きだしたのは、二刀流のゲールだ。


「善悪? そんなもの関係ないわ!」

 善悪、そんなものは、当事者同士で勝手に決めてくれ!


 杖に魔力を込め、それを掲げた。


 ゲールの前には、チビが立ちはだかり、俺に近づくことを許さない。


「てめぇ、邪魔だ!」

 二刀流を振り回し、彼は驚きと焦りをみせた。


「ご主人に近づくことは、僕が許さない」

 白い髪をなびかせ、豊かな胸を揺らしながら、少女の姿で、フェンリルのチビは、ゲールと対等な素早さで動いている。


 前衛特化に育てる事で、神話級が登場しても無理やり使い続けた。


 接近戦なら、かなり強いぜ!


「天地の狭間、混沌の世界、悔恨の地」

 詠唱を始め、杖の羽が大きく開き、輝きだす。


 大剣を構えたデットが俺に向かってくる。


 チビは、その拳で二刀流を弾き、その使い手を吹き飛ばす。


「その地に納めし悪しき魂を浄化することわりよ」

 地面に巨大な魔法陣が展開し青白い炎が漏れ出す。


 大剣が、俺の眼前に迫る。

 白い毛並みの尾をなびかせ、彼女が間に割って入る。


「させないわ! アンダンテ・モル……きゃ!」

 アンジェラの詠唱をチビが邪魔をした。掴んだデットを投げたのだ!


「全てを浄化し、その威を示せ! パーガトリー!」

 詠唱は完成した。


 消えろ!


 魔法陣から巨大な青い炎が立ち上がる。

 それは、空高く天空まで突き刺さった。


 伝説級魔法【煉獄パーガトリー


 何人も逃れることができない防御不能の魔法だ!


「チビ、助かったわ」

「血を見ただけで、泣くなんて、ご主人は、相変わらずだな」

「な、泣いてなんかないわ!」

 くっそ〜、馬鹿にしやがって!


 それにしても、


「チビ、あんた、寒くないの、そんな格好で」

 こいつの格好は、あれだ、ちょっと露出が多くて下着ぽい、胴体や顔には、毛が生えてないので……、ちょっと困る、腰細いし、おへそが少しかわいいし……。


「ん? 寒くないよ。まさか、ご主人、僕に欲情したの」

 くっ、チビの奴は、俺に抱きつき、ホレホレっと胸を押し付けてくる。


 くそっ! 駄犬が少女の姿でさかってるんじゃねぇよ!


「思ったより、やるのね……」

 アンジェラの声が聞こえる……、幻聴か?


「助かったぜ、ゴリさん……」

 ゲールの声だ。こいつら……。


「イージスの盾に、防げぬものは無い!」

 ゴリさん……、それより、何、そのチートアイテム、煉獄を防げるものはゲームには無かった筈だ、与ダメをゼロにする事はできない……。


「潮時だね、ジークフリードの坊やが来たら、厄介ね……」

 アンジェラは、のんきにパタパタと服に付いた埃を払っている。


 えっ! 俺より、ジークフリードの方が強いの?


「そうすっね」

 ゲールも剣を鞘に収めた。


「ちょっと力を付けたからって、あまり調子に乗らないことね、エルフのお姫様」

 彼女の向けた微笑みに、少し身震いを覚えた。


 最後に、


「ペルデーンドシ!」


 この言葉を残し、俺達は、アンジェラ達を見失った。


「ご主人、追いかける?」

「もういいわ……、疲れちゃった」

「そうか……」

 それよりも、おい! 駄犬、頼むから、その姿で、その格好で、地面の匂いを嗅ぐな!


 四つ足になって地面の匂いを懸命に嗅ごうとする少女の尻を蹴飛ばしってやった。


「いたい! ご主人、何するの!」

 むくっと起き上がって抗議する、チビの頭を撫でてやる。


 チビは、目を細め気持ち良さそうだ。


 チョロい奴だ。


 さて、寝ているクララを回収に行こう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます